カテゴリー「Pop」の110件の記事

2020年4月 8日 (水)

D.W.ニコルズ / 春風 (2010)

Photo_20200408210601◆今日午前のNHK第一でこの曲がかかりました。東北に来て5年、いつでもどこでも聴けるNHK第一を聴く機会が増え8:30からの「すっぴん!」が大好きだったのですが、春から新番組が始まりました。どうしてこの曲がかかるのか、3日にC.W.二コルさんが亡くなったからなのか、でも特にその事には触れず。

◆少しくぐもった、引っ掛かった声は草野マサムネのようで、曲の感じがフジファブリックの「若者のすべて」のようで、走り抜ける柴田町船岡は桜の名所で、でも今年の4月はコロナウイルスで大変な4月になって、日々外勤活動が狭まる中、もし感染したらきっと責められるであろう棚替えツアーも最終日。♪「先生が言えることは ありがとう ただそれだけ。」 こども達は休校で、始業式で、翌日からまた休校で。泣いてしまいました。こどももいないのに、思い入れも思いやりも無いのに。さくらと重なってしまいました。

◆D.W. は わたなべだいすけ さんのイニシャル、C.W.二コルさん公認だそうです。バンドは4月に活動再開したばかりで、ラジオでかかって当然、そして良い曲。ラブレターにありがとうでうまくいったらいいなって、うまくいかなくてもいいのか。この春10数年ぶりで大学の部活の同期で会おうってなって、コロナで止めて。10数年ぶりの話がよく今年の春に出たなって。もう大人になって久しく、いろんなこと忘れるのかもしれないけど、春風は歌うから。

https://www.youtube.com/watch?v=s0bkgsnWDF4

| | コメント (2)

2019年12月24日 (火)

ElvisCostelloAndTheAtractions / GetHappy!! (1980)

Get_happy_album_cover 私の1曲:⑥「Possession」

◆今年から政府が「働き方改革」を進めていて、年に5日間有給休暇を取らなければならなくなりました。普段ほとんど有休を取らないので、今日から有休消化して2019年を終えることになりました。今日もずっと会社PCを開けていたのであまり変わらないのですが。

◆12月は『GetHappy!!』。Costelloの第4作で、全英2位・全米11位は2位/10位の3rdと並ぶチャート上の代表作。20曲もあっての48分は怒涛の48分、キャッチーな本作はもはやベスト盤なのですが、やっぱり後追いでは覚えられない。

①「LoveForTender」→②「Opportunity」の並び、ビートが心地良い。

③「TheImposter」はハイスピードのロック、④「SecondaryModern」は一定のリズムを刻むソウル。

⑤~⑧はCostelloらしさ全開のポップス、⑥「Possession」が本作で真っ先に浮かぶ曲。

⑨「NewAmsterdam」はワルツで、⑩「HighFidelity」はR&Rで毒を吐く。

⑪「I Can'tStandUpForFallingDown」はSam&Daveをアップテンポにカバー。

しっとりと⑮「MotelMaches」、

⑯「HumanTouch」はスカでスカ。

⑱「Temptation」、Tamptationならこのシャウト。

⑲「I StandAccused」は、Costello同様BacharachソングをカバーするMerseybeatsの'65年の曲。

◆大好きな様々な音楽を1枚に吐き出し、その後の作品でも多様な音楽をほぼロックオンリーの私に教えてくれます。

https://www.youtube.com/watch?v=Qm2bcKRbMZI

| | コメント (0)

2019年7月27日 (土)

Carpenters / A KindOfHush (1976)

A_kind_of_hush_carpenters_album 私の1曲:②「You」

◆今週、取引先のバイヤーとメーカーさんで呑み会がありました。そんな呑み会に入っていくのが10年ぶりぐらいで、4月に担当になった私との接し方が分からないというお話を頂いたので、呑んだ方が早いか、と思ったのでした。出身とか家族とか、趣味の話になって、古い洋楽が好きだとなりました。カーペンターズとか?そう、Carpenters。

◆『A KindOfHush』全米33位、ピークは過ぎていましたが、今やスタンダードという曲が何曲も収録されています。だから侮れないんです。

①「There'sA KindOfHush」、②「You」、③「Sandy」、⑤「Can'tSmileWithoutYou」。

⑥「I NeedToBeInLove」、⑦「OneMoreTime」、⑨「I HaveYou(ToSaveMyDay)」、

オールディーズの⑩「BreakingUpIsHardToDo」。

◆カーペンターズ「YesterdayOnceMore」は『19××』でしたね。誰にも美しく楽しいポップスで。「You」から「Sandy」の流麗な流れ、やっぱりRichardの選曲とアレンジは良いですよね。「You」・「SayGoodbyToLove」、やっぱりCarpentersのギターはTonyPelusoですね。「I NeedToBeInLove」、『未成年』じゃない野島ドラマは見てたんですけどね。

次も愉しく呑めたら良いなと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=GKKcATRWIm8

| | コメント (0)

2019年4月27日 (土)

ToddRundgren / Runt. TheBalladOf (1971)

Runt_the_ballad私の1曲:②「TheBallad」

◆今年のGWは元号変わりの為、カレンダー通りの私は10連休です。天気予報があんまり良くないんですよね。初日の27日は仙台は8℃。寒いし雨も残るので、近所への買物にこのCDをかけました。

◆『Runt. TheBalladOf~』、ToddRundgrenのソロ2作目。1stも『Runt』ですが別、『TheBalladOf~』と書いてますがコンピレーションでは無い。流石Toddは少しややこしいです。“Runt”はPattiSmithが彼に付けたあだ名で、本作参加のSales兄弟とのバンド名を意識していた説もあるそうです。

◆音楽的にはコンピレーションでは無いものの美しいメロディが多く、彼の拡散したセンスはアクセント程度で、メロディの良さが聴きやすい好盤だと思います。ポップでキャッチーな①「LongFlowingRobe」はクラヴィネット・曲・声、この時代のToddの最良のポップス。文句なく美しい②「TheBallad」、ヘビーな③「Bleeding」をアクセントに、NickDecaroのカバーは選曲バッチリなアンニュイな④「WailingWall」。⑤「TheRangeWar」は爽やかなワルツです。B面は物語性のある曲のあと⑨「BeNiceToMe」、天才の歌う鼻歌はかくも美しいのか。⑩「Hope I'mAround」が美しいトーンを引き継ぎ、ロックンロールの⑪「Parole」のあと、小さくも厳かな⑫「RememberMe」で本作は幕を閉じます。コンパクトにまとまった本作ではありますが、色々やりたい事があるのが垣間見えます。

◆明日からは17℃の予報、良い10連休が過ごせればと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=v_VIit7rpGQ

| | コメント (0)

2019年2月19日 (火)

MichaelJackson / OffTheWall (1979)

Off_the_wall私の1曲:⑨「It'sTheFallingInLove」

◆2/12、北海道を除く全国に「異常天候早期警戒情報」が気象庁から発表されました。東北は2/18~の1週間。19日の酒田の商談、電車だと15:00に終わっても帰宅は21:00前。車なら19:00までには帰れる。今回の異常天候は高温、積雪1mの新庄は通れるのか、暖かすぎて雪崩とかならないのか。月曜6℃、火曜6℃。路面に雪も無く雪崩も無い、都合よく期待して、社用車にて出発しました。

◆選んだCDは『OffTheWall』、軽快ですから。私、リアルタイムは『Thriller』『SaySaySay』からですが、顔も背景も『OffTheWall』は屈託が無くて、あとから聴くなら断然『OffTheWall』です。

A面はMichael作、B面はプロのライターの楽曲が並びます。アーティストの野心と、アイドルに歌わせたいプロの内匠、この時期だけに許された全10曲。ユーミンも上がるイントロだと語っていた①「Don'tStop'TilYouGetEnough」他手慣れた名曲は当然、CaroleBayerSager作の⑨「It'sTheFallingInLove」が、アイドル然としていて、それが完璧にパッケージングされていて、気分が上がります。

◆19日当日、あまり気温は上がりませんでした。緊張感はありつつも幸い雪は降らず、47号線は除雪が行き届いていました。『OffTheWall』も軽快な移動に一役買ってくれました。

https://www.youtube.com/watch?v=DOLZZGyDHvI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 1日 (日)

ElectricLightOrchestra / WildWestHero (1978)

Wild_west_hero◆31日、神保町の「いもや」が閉店したそうです。中古CDを買う人ならよく行く街があると思うのですが、私はお茶の水から神保町を下るのが好きでした。良いのが買えたかそうでもなかったか、レコ屋巡りのご飯は牛丼、とレコスケに教わってきましたが神保町なら「いもや」。ここで収穫をかっこんで、家路に帰ったモノでした。

◆「いもや」に何か1曲を、神保町で買ったか覚えていませんが、今ウチには『OutOfTheBlue』が3枚あります。E.L.O.の最高の娯楽作を締めくくる2-⑧「WildWestHero」、最近のツアーでもこの曲でお客さんが合唱しているのを観ました。

♪僕が西部の英雄だったら、どこかにもっと良い人生があるんじゃないか、僕の知ってる土地のずっと向こうに行きたい場所がある、沈む夕陽に向かって馬を飛ばして。

◆散々歩いて疲れて、「いもや」で天丼を食って。大学生の頃、時間がいっぱいあった頃の思い出です。天丼、天ぷら、とんかつ。お弟子さんの店はもう少し引退まで営業してくれると記事で読みました。出張で東京に行ったら、神保町を歩いてお店を探そうと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=VwsDU00pqFs

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月17日 (日)

Wings / Greatest (1978)

Wings_greatest私の1曲:⑤「WithALittleLuck」

◆今週は3連休、昔は9/15にあった「敬老の日」が今年は月曜日に廻っての3連休です。休みが3日あると、貯まった仕事も片付きそうで、ブログでも書こうかという気にもなります。

◆20年以上仕事をしていると、仕事の時の音楽の聴き方も変わります。昔は社用車にラジオしかなくて助手席にラジカセ、自分でテープを作ったりもしました。それからCDラジカセになって、社用車にCDが付いて、今はBluetoothで聴けるんだろうけど今度はコッチが付いて行けなくなって、変わらずCDを、出張の時には10枚くらい積んで行きます。東北の担当になって長距離なので、歌える邦楽か、知ってる曲ばかりのBest盤を好んでます。昔はBest盤は邪道って思ってたんだけど。

◆そしてWingsです。Beatles解散後のPaulは今までにBest盤を4作出しているのですが、『AllTheBest』は米英で収録曲が異なり一長一短、『Wingspan』は2曲がエディットバージョンで。そもそも『Wing~』と次の『Pure』は複数枚数で長過ぎる。出張で運転で聴くのだから、少し考え事して聴き飛ばしても構わない気軽なBest盤、5,60分くらい、がベスト。廃盤CDを探し中古で1,000円ちょっとを買いました。

◆『Wings/Greatest』有名な曲ばかり12曲、54分。Beatles脱退後、シングル⑫「MullOfKintyre」が英国歴代1位売上を記録するまでのPaulの歩みがひとさらいできます。『Wings~』を名乗りながら結成前の①⑦が平気で入ってたり、全米1位でありおそらくNo.1の名曲「ListenToWhatTheManSaid」は何故入ってないんだ?とか、天才はどこか片手落ちなのですが、コレと『VenusAndMars』(「ListenTo~」収録)の2枚でどうにかならないけど、充実しててコンパクト、というのは間違いない。この12曲ならその時によって1番好きな曲も変わりそうで、出張の運転もとても愉しいのです。

https://www.youtube.com/watch?v=oJlwuha_TG0&t=1650s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月26日 (日)

10cc / TheOriginalSoundtrack (1975)

10cc_2私のシングルB面2曲:「ChannelSwimmer(Us)」「GoodNews(Uk)」

◆10ccの代表作である本作を紹介しますが、代表曲の②「I'mNotInLove」はあまり好きではありません。ですが他の7曲とボーナストラックの2曲がとても良いのでやはりアルバムとして紹介しない訳にはいきません。

◆10ccの3作目にして代表作。タイトルが『サントラ』ですが、何かのサントラではなく“架空のサントラ”という作品です。そのせいか各曲がとても凝っています。というか10ccは元々こういう凝った感じが好きなので、“架空のサントラ”は10ccらしいコンセプトだと言えます。10ccは大きく2つのソングライターチームに分かれていてそれぞれに特徴があるので聴きながら作者を見るのも楽しみになります。

A-1「UneNiutA Paris」(Godley-Creme)

  2「I'mNotInLove」(Stewart-Gouldman)

  3「Blackmail」(Gouldman-Stewart)

B-1「TheSecondSittingForTheLastSupper」(4人)

  2「BrandNewDay」(Godley-Creme)

  3「FlyingJunk」(Gouldman-Stewart)

  4「LifeIsAMinestrone」(Creme-Stewart)

  5「TheFilmOfMyLife」(Godley-Creme)

◆オペラ風の①、代表曲②、こなれたポップスの③。B面はハードロック風のイントロの④から、ピアノのイントロの美しい⑤のボーカルはGodley、この曲でギズモが使われています(ギズモは一定のリズムでギターを引掻くアタッチメント。この開発の為Godley-Cremeが脱退したと言われている)。ただ、ギズモと書かれてなくても本作の随所で一定のリズムで引っ掻いたような音が入っており、この音が好きだという事が解ります。続いてフレディ風の⑥、ギターポップの⑦、エンディングはワルツの⑧。各曲、充実しています。Queen、というかフレディとの共通した好みが多く感じられます。

◆そしてボーナストラック。どちらもシングル②「I'mNotInLove」のB面で、

・「ChannelSwimmer(Us)」(Godley-Gouldman)

・「GoodNews(Uk)」(Godley-Creme)

正統派ポップスのチャンネルスイマーと哀愁のメロディから途中ボサノバに変わるグッドニュース。どちらも名曲です。

https://www.youtube.com/watch?v=sCj9PKiC1oI

https://www.youtube.com/watch?v=KvsZBMOyPeM

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月27日 (金)

Bangles / GreatestHits (1990)

The_bangles__greatest_hits私の2曲:⑫「I'llSetYouFree」、④「IfSheKnewWhatSheWants」

◆今年に入って私の大阪時代の同僚が2人退職しました。ひとりは34歳、自分の可能性を試したいと言っていました。もう一人は10年くらいウチの会社にいたのですが、他にもっと良い条件があったそうで、決断したそうです。こう文字にすると、まったく悪い転職ではないことが理解できます。残された自分の焦りしかないことが解ります。

◆Banglesのベスト。3枚しかオリジナルを出さなかった(再結成後に2枚新作を出して今も活動しています)のでこの14曲でヒット曲は網羅されており、彼女たちの成長もよく分かる良質なベスト盤です。Princeの③「ManicMonday」や全米No.1ヒット⑤「WalkLikeAnEgyptian」、S&Gの⑧「HazyShadeOfWinter」、そして傑作バラード⑩「EternalFlame」に、Banglesらしいビートポップスの⑪「BeWithYou」。結構キラ星のヒット曲が並びます。

◆そして⑫「I'llSetYouFree」。ぽっかり穴が開いて、スカーンと抜けたような気分でもあります。自分の毎日を頑張ろう、それだけ。これと、J.Shear作の④「IfSheKnewWhatSheWants」が出色です。ポップスを歌うSusannaHoffsのチャーミングさが溢れた2曲だと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=ou5q110CqVk

https://www.youtube.com/watch?v=mu_pNeqAQ-U

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月30日 (金)

JeffLynne'sELO / AloneInTheUniverse (2015)

Alone_in_the_universe__elo私の1曲:①「WhenIWasABoy」

◆今年最後の更新です。今年は何といっても9月に痛風になりました。営業として年齢に甘えない機動力だけを武器としてきたのに。酒を圧倒的に減らしましたが健康診断の数値も改善されず、今は毎日散歩しています。初めてチームの進捗を報告する係になり、それもストレスになりました。良い経験と思って来年もやります。

◆音楽の聴き方も変わりました。いつも内勤中はCDを聴いていましたが、PCのプレイヤーが壊れて仕事部屋に再生機器が無く、動画サイトで音楽をかけながら仕事をするようになりました。最も聴いたのは『逃げ恥』でしたが。

◆音楽ではJeffLynne'sELOの『AloneInTheUniverse』でした。前作から14年ぶり、ベテランの作品に何を求めるかといえば、過去の栄光を汚さないクオリティがあること、過去の焼き直しではないが過去と繋がっていることかと思いますが、本作は絶好の作品でした。夢見るJeff少年の①「WhenIWasABoy」から始まる本作は③「DirtyToTheBone」、⑥「Ain'tItADrag」、⑨「OneStepAtATime」、キラキラのポップスと、⑤「TheSunWillShineOnYou」、⑦「AllMyLife」、⑩表題曲といったノスタルジックなバラード。申し分なく、偉大な作品群に素晴らしいカタログがひとつ加わりました。

◆散々動画で聴いた本作、購入は輸入盤のDeluxeを選びました。Jeffの意思で2曲追加のDeluxeも出しているのだし、日本盤のボーナス⑬より⑫「Blue」が良くて作品の終わりに相応しいと思ったのです。買うと、歌詞カード入り、レンチキュラー(立体)シール貼りの紙ジャケットで正解でした。シールがズレてて貼り直したのはご愛敬でしたが。

◆ガッキーに恋した3ヶ月も終わり報告に追い込まれた2016年も終わります。2017年は日常に埋没されない日々を送ろうと思います。毎日はもっと楽しいんだと本作を聴いて正します。

https://www.youtube.com/watch?v=tM34A80RTv4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧