« JohnLennon / PlasticOnoBand (1970) | トップページ | ElvisCostelloAndTheAttractions / Blood&Chocolate (1986) »

2019年9月29日 (日)

荒井由実 / 14番目の月 (1976)

Toct10714_iuu_extralarge_jpg 私の1曲:①「さざ波」

◆これを実は10月に書いているのですが、今年9月に一番聴いたのがコレでした。どれだけ後追いになっても、取り上げないわけにいかないクオリティ。もう仙台はとっくに暑くなくなって、このCD入れっぱなしでよく嫁を泉中央駅に迎えに行ってた気がします。

◆①「さざ波」の粒立ちの良さと完成度の高さ。もう古さはありません。本作から松任谷正隆さんがプロデュースしているんだそうです。②表題曲も同様。④「朝陽の中で微笑んで」はユーミン、ノンヴィブラート唱法の極致。そして⑤「中央フリーウェイ」。

B面は一聴地味で、とても美しい。⑥「何もなかったように」。完璧で、可愛らしいポップスの⑦「天気雨」、はしゃいでいて眩しい⑧「避暑地の出来事」をアクセントに、これも完璧なスタンダード「グッド・ラック・アンド・グッド・バイ」。

◆9月は、出張は弘前、八戸、いわき、恵比寿。仕事で大きなミスもやって、いろいろありました。ひと月経ってユーミンを聴き返すと洒落ていて、サラッと通り過ぎる。大抵のことはサラッと通り過ぎていきます。

https://www.youtube.com/watch?v=2qjdm7wgNNg

|

« JohnLennon / PlasticOnoBand (1970) | トップページ | ElvisCostelloAndTheAttractions / Blood&Chocolate (1986) »

日本」カテゴリの記事

1975~1979年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JohnLennon / PlasticOnoBand (1970) | トップページ | ElvisCostelloAndTheAttractions / Blood&Chocolate (1986) »