« MichaelJackson / OffTheWall (1979) | トップページ | ToddRundgren / Runt. TheBalladOf (1971) »

2019年3月 3日 (日)

LittleFeat / DixieChicken (1973)

Little_feat__dixie_chicken私の1曲:②「TwoTrains」

◆上司の上司からメールが来て、「メールの返事しろ。」と言われ、「〆切前だったので。すみません。」と返事し、「メールの返事が来ません。」とやり返しました。48歳で。一生治りません。金輪際やりたくないです。その為のメモです。

◆18日以降気温高めで、社用車利用多めでした。車内のCDは『DixieChicken』入れっぱなしでした。『DixieChicken』、若い頃、渋谷陽一さんの本で本作のレビュー冒頭「'70年代ロックが誇るべき名盤である」とズバリ触れていたのを見て以来ずっと意識していた作品です。ずっとピンと来なかったのですが、入れっぱなしは良い機会になりました。

◆ブギウギピアノが印象的な①表題曲、スピードは無いけど異常にドライヴする②「TwoTrains」、消えかけの焚火のような③「RollUmEasy」、AllenToussaintを粘っこく消化した④「OnYourWayDown」、⑤「KissItOff」のLowellは名唱です。

B面、伸びやかな演奏を聴かせる⑥「Foo~~l Yourself」からファンキーな⑦「Walkin'AllNight」と⑧「FatManInTheBathtub」、そして急にSteelyDanのような⑨「Juliette」、奇妙さを象徴するインスト曲⑩「LafayetteRailroad」まで、どっぷりと南部のようでいて洗練されてもいる(ジャケットも)不思議な作品が、聴く人の心を捉えます。

https://www.youtube.com/watch?v=uBbY0v2sKXg

|

« MichaelJackson / OffTheWall (1979) | トップページ | ToddRundgren / Runt. TheBalladOf (1971) »

1970~1974年」カテゴリの記事

WestCoastRock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LittleFeat / DixieChicken (1973):

« MichaelJackson / OffTheWall (1979) | トップページ | ToddRundgren / Runt. TheBalladOf (1971) »