« スピッツ / インディゴ地平線 (1996) | トップページ | misato / 夏が来た! (1991) »

2017年6月 9日 (金)

TheGratefulDead / AtticsOfMyLife (1970)

Dead_beer◆ブログは思ったその日に書かないと、気持ちがコロコロと変わります。昨日の澄み切った気持ちも、今日は小さな悩みに心が覆われてしまう。それでは、何も無く澄み切った昨日の気持ちで。

◆G.W.から持ち物の整理をしていました。転勤のたび荷物は減らしていましたがそのままの段ボールもあり、長期断捨離ブームから終活ブームに移行した我が家で、長すぎる休みを利用しての試みが始まったのでした。

◆雑誌を捨て、年賀状を捨て、馬のぬいぐるみはメルカリにでも出そうか、卒業アルバムの装丁はどうしてこんなに豪華なのか。そうして、手紙と写真が残りました。手紙を読んで捨て、写真はアルバム3冊に残すか。72枚x3冊。友達なんてほとんどいないと思っていたし写真も無いと思っていたけど、案外友達いたんだなぁって。大事に思ってくれたりしてたんだなぁって。あの頃がメールじゃなくて本当良かったと思いました。読んで捨てる、ゆっくり捨てる。振り返る、良い時間が過ごせました。

◆そんな私が聴くのは『AmericanBeauty』。およそ駄曲の無い奇跡の1枚。初めてDeadを聴いたのは高校生の時友達に薦められた『Workingman'sDead』。それはダメで、何年後かに聴いた次作のコレにはすっかりハマりました。今のCDはボーナストラックが7曲入りで、その7曲では⑮「AtticsOfMyLife」が一番のお気に入りです。'70年6月6日フィルモア・ウェストでのライブなのですが、きっと次演った時同じハモりにはならないんだろうなと思わせる、不安定なコーラスと演奏が堪らなく好きです。「人生の屋根裏」。手紙と写真の10代が、こんな音楽が好きな中年になりました。

https://www.youtube.com/watch?v=_f7RqEsydYY

|

« スピッツ / インディゴ地平線 (1996) | トップページ | misato / 夏が来た! (1991) »

1970~1974年」カテゴリの記事

WestCoastRock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TheGratefulDead / AtticsOfMyLife (1970):

« スピッツ / インディゴ地平線 (1996) | トップページ | misato / 夏が来た! (1991) »