« Inxs / Kick (1987) | トップページ | 渋谷弁当部 / みちのくの香 特製おべんとう (500円) »

2016年8月19日 (金)

misato ・ ribbon (1988)

Ribbon_3私の1曲:②「恋したっていいじゃない」

◆出張で青森に行きました。早く用事が終わって、まっすぐ帰るのも4時間かかるのですが、蟹田、五所川原に足を延ばしました。台風一過の日差し、蟹田から五所川原への山道、くっきりとした空と雲はまるで夏休みのようでした。最近、遠出の出張は眠気覚ましに歌えるように、CDは半分邦楽にしていました。

◆渡辺美里の『ribbon』、彼女の4作目で、商業的にはピークの一作だったと思います。数々のパワーポップと③「さくらの花の咲くころに」、⑧「ぼくでなくっちゃ」の硬軟のバランスの良さ、曲の力、いつもつぐむ唇、アイドルのようでもいて、でも力でねじ伏せる歌唱力。彼女はヒーローだったのか、当時同世代の人には彼女とともに成長する感覚がありました。『ribbon』のとき私は18歳、渡辺美里は22歳でした。

◆バッキングには収まらない岡村靖幸と渡り合う②「恋したっていいじゃない」は今も楽しく、⑧「彼女の彼」は今も泣けます。⑩「10years」には愕然とします。あの18歳からこの45歳、何も成し遂げず、安定した生活以外に目標もない。『ribbon』は、今の私ではオススメできない、キラキラした作品なのだと思います。

|

« Inxs / Kick (1987) | トップページ | 渋谷弁当部 / みちのくの香 特製おべんとう (500円) »

1980年代」カテゴリの記事

日本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: misato ・ ribbon (1988):

« Inxs / Kick (1987) | トップページ | 渋谷弁当部 / みちのくの香 特製おべんとう (500円) »