« 10cc / DeceptiveBends (1977) | トップページ | UNICORN / エコー (2016) »

2016年5月12日 (木)

JacksonBrowne / SoloAcoustic vol.1 (2005) ・ 2回目

Jacksonbrownesoloacousticvol_1私の1曲:⑰⑱「ThePretender」

◆この2日、3つの商談があり1つの商談をお願いし、小さな良かったり悪かったりがあり、いつもの事です。それに一喜一憂するのもいつもの事なのですが、2日で800kmも走ったでしょうか、疲れきった帰り道、⑰⑱「ThePretender」がかかりました。

◆前もそれ程好きでないと書いたこの曲。“いっそ偽ってでも生きよう”という、これまでの脆い誠実さを乗り越えた1曲と言われています。彼の歌声に癒されることがあるのだと思いました。

◆思い返すと、洋楽を聴き始めた頃はJacksonBrowneはその頃ヒットしていた「ForAmerica」あたりしか知らず、好きになったきっかけは社会人になってから、中途で入ってきたひとつ上の先輩がJacksonBrowne好きだったのでした。彼は社内の女の子にかたっぱしから声をかけるとよく言われていましたが、女の子嫌いの男なんていないし。言われがちな人だったのでしょう。実際の彼は意に介していないというか、大らかな人でした。物事を愉しいものとして受けとめる人だったんだな、と今さら思います。

https://www.youtube.com/watch?v=aNd6ubx0xTQ

|

« 10cc / DeceptiveBends (1977) | トップページ | UNICORN / エコー (2016) »

2000年代」カテゴリの記事

WestCoastRock」カテゴリの記事

SingerSongWriter」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JacksonBrowne / SoloAcoustic vol.1 (2005) ・ 2回目:

« 10cc / DeceptiveBends (1977) | トップページ | UNICORN / エコー (2016) »