« TomPetty&Heartbreakers / IntoTheGreatWideOpen (1991) | トップページ | Donovan's GreatestHits (1969) »

2015年10月 8日 (木)

南正人 / 回帰線 (1971)

Kaikisen私の1曲:②「夜をくぐり抜けるまで」

◆昨日またスピード違反で捕まり、深く傷ついた私。結局、4時間かけて得意先に着いて競馬の話。アンビシャスきっと強いぞ。そこから3時間かけて移動し、大曲に前泊。

◆翌日は商談先で20年前のメーカー仲間に再会しました。商談後の帰り道に選んだのは高速ではなく、横手からの新庄直下。

何もない山道、営業中のメシ屋に入って無人の厨房に声をかける事2回。諦めて出ました。

次の右折までは30km以上、今日のお昼は3時だな。この国道13号を“おとこ道”と呼ぶことにしました。ここは『イージーライダー』。いや、TheByrdsの「BalladOfEasyRider」。CDは南正人を選びました。

◆南正人。本物のヒッピーと呼ばれています。ルー大柴の若い頃の写真とか、「幸せの黄色いハンカチ」の武田鉄矢よりもヒッピー。最初の①「TRAIN BLUE」のアシッド感から企画外。②「夜をくぐり抜けるまで」は一番好きな曲。放浪の歌が続いたあと、B面は少しアップテンポになってゴスペルロック?の⑥「愛の絆」。ここでのトゥトゥートゥトゥが⑨の「HeyJude」に酩酊します。予定調和とか、売れる売れないとかなくて、好きなことをやったらとってもカッコ悪くなっちゃって、でも決まったレールは無いから。1stシングルの⑩「ジャン」も堅気ではない、でもこの時期にしかできない、南正人にしかできない魅力を発散しています。

|

« TomPetty&Heartbreakers / IntoTheGreatWideOpen (1991) | トップページ | Donovan's GreatestHits (1969) »

日本」カテゴリの記事

1970~1974年」カテゴリの記事

SingerSongWriter」カテゴリの記事

コメント

"おとこみち"での食堂でのくだり、佐久間さんの『やれやれ』な顔が目に浮かびます。

やりたいことやって、どんどんカッコ悪くなる。でも、やる。
南正人、具体的で、なんだか、力もらいました。

投稿: | 2015年10月13日 (火) 22時33分

→ 南正人に力をもらった君は誰だ? コメントもらって、私も力もらいました。

投稿: mersaku | 2015年10月15日 (木) 22時10分

→フジファブリックとサンドイッチが好きな、山おんなです。

投稿: | 2015年10月24日 (土) 13時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南正人 / 回帰線 (1971):

« TomPetty&Heartbreakers / IntoTheGreatWideOpen (1991) | トップページ | Donovan's GreatestHits (1969) »