« JoMama (1970) | トップページ | NorahJones / YoungBlood (2009) »

2015年4月19日 (日)

GeorgeHarrison / ExtraTexture (1975)

Extratexture私の1曲:①「You」

◆異動する事になりました。4/1付で仙台へ、物件の都合で引越は5月後半になりますが。大阪はよい所でしたが、この会社にいる限りずっと一つ所にいられる訳はなく、5月末、仙台もとてもいい季節ですから元気に行こうと思います。

◆1曲目、JimHornのSaxが、エンディングのLeonRussellのPianoが心地良い①「You」から始まる『ジョージハリスン帝国』、Georgeファンでなければ聴かないアルバムです。北米ツアーの失敗という世評とスゴい邦題。原題は新聞の号外をもじったもので、Apple最後のオリジナルでもあり『番外編(お見逃しなく)』といったところでしょうか。まぁ名盤っぽくはありません。

◆中身も①の後は地味です。②「TheAnswer'sAtTheEnd」は「Isn'tItAPity」のようで素晴しいけどそんな時代でもない。③「ThisGuitar」は「WhileMyGuitar~」の続編と呼ばれるナンバーでそれっぽいし悪くないんだけど、世紀の名曲と並べては分が悪い。KlausVoormannのBassの④「OohBaby」とDavidFosterのPianoの⑤「WorldOfStone」。いいんだけどどこかで聴いた事のあるような。後追いで何かとカブるのはそれがGeorge流っていう事なんですが。

◆①のリフレインから始まるB面もこれが初出なのか何かとカブっているのかもはや分からない⑦「Can'tStopThinkingAboutYou」。GeorgeとLeonが絡んで少し南部っぽい⑧「TiredOfMidnightBlue」から『AllThings~』期の歌唱を聴かせる⑨「GreyCloudyLies」。エンディングはセッションのようなドタバタ感を見せる⑩「HisNameIsLegs」。

◆でも聴いてて思うのは、地味だから、同じ様だから、ダメって事じゃないんです。Georgeが好きって、JohnのようなカリスマにもPaulのような天才にもなれない私が拠れる存在で、TheBeatlesという圧倒的なブランドも持っている。打算です。しかし彼の音楽はそんな打算など関係なく染み込みます。慎ましいけど芯が強い。音楽の事なのか人柄なのか分からないコメントを地で行っていること、この一聴地味な作品を聴くにつけ、強く感じます。

https://www.youtube.com/watch?v=Dx5TY4EGUns

|

« JoMama (1970) | トップページ | NorahJones / YoungBlood (2009) »

1975~1979年」カテゴリの記事

Pop」カテゴリの記事

●GeorgeHarrison」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GeorgeHarrison / ExtraTexture (1975):

« JoMama (1970) | トップページ | NorahJones / YoungBlood (2009) »