« 吉田拓郎 / 悲しいのは (1976) | トップページ | Journey / Faithfully (1983) »

2014年8月23日 (土)

Saucony / 2044-2 JAZZ ORIGINAL NAVY/SILVER

Jazz今日の1曲:Queen「OneVision」

◆スニーカーは足りてるのですが、またサッカニー ・ ジャズを買ってしまいました。大学生の時部活のトレーニング用に買って、就職して10年くらい、新宿のOSHMAN'Sでたまたま見つけて買って、それが壊れて、他のスニーカーも買ったんだけど、実物を見て試し履きするとやっぱりコレが欲しい。めでたく3足目となりました。

◆そこまで欲したJAZZではありますが、カッコ悪いことは自分でも分かっています。あの曲線に3個の穴。厚すぎるソールのせいか、ボテッとした印象が拭えません。それでもコレを選ぶのは、他にない履き心地と、あとはノスタルジーでしょう。前、履いていたJAZZ 3000LAはメッシュ、今回はナイロン。足の甲はメッシュからスポンジに、足首周りはメッシュからヌメっぽい布に、アキレス腱はメッシュで凹んでたのが出っ張ってロゴが入りました。それでも、極上の履き心地はまったく変わりません。手縫いの包み込まれるような内部、伸縮のよい靴紐、厚いソールは歩くには大きな安心があり、アウトソールの三角ゴムは踏み込む時のグリップが抜群です。

◆このスニーカーが10年履けると、私は20歳過ぎからのべ20年くらいJAZZを履く事になり、そうなると、私にとってスニーカーはJAZZになります。言ってしまえば私の好きなRockという物もたいそうカッコ悪いもので、最初のJAZZが発売になった'80年代、MickJaggerとかFreddieMercuryとか、とてもカッコ悪かったと思います。カッコ悪いから、カッコ悪いものに愛着が湧きます。私にとってJAZZはそんな靴です。

https://www.youtube.com/watch?v=0_1IMZmJe-U

|

« 吉田拓郎 / 悲しいのは (1976) | トップページ | Journey / Faithfully (1983) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

1980年代」カテゴリの記事

PowerPop」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Saucony / 2044-2 JAZZ ORIGINAL NAVY/SILVER:

« 吉田拓郎 / 悲しいのは (1976) | トップページ | Journey / Faithfully (1983) »