« Crosby&Nash (2004) | トップページ | R.E.M. / WeAllGoBackToWhereWeBelong (2011) »

2013年12月 2日 (月)

萩の家 / デリシャスランチ (1,000円)

P2013_1127_2今日のB.G.M.:Journey「OnlyTheYoung」

◆手に取るだけでテンションが上がります。太っちょのコックさんのイラストと大きなお弁当箱。これも経木です。フタを開けるとデミソース付の大きなハンバーグと他の駅弁では見たことのないロールキャベツ。サクサクの白身フライともやしのカレー炒め。フレンチドレッシングは赤ですから。これで興奮しないほうがウソでしょう。ちなみに福神漬けはオレンジ色でした。

◆そうして行った出張でしたが、ダメでした。理屈っぽい先輩に文句を言われ、自分の方が正しいこと、解る人は解るのだから馬鹿だなって思ってればいいのに、どうにも気にしてしまう。

次の時間はひとつ取引先を選んで改善策をチームで考える課題。いろいろアイデアを出しながら、前任の顔がどんどん曇っていきました。そんな事やったよ、と。うまくいかなかったことを責めてはないんだけど、知らずに、彼を傷付けていました。全国の営業が集まるせっかくの機会でしたが、2次会、どこにも混ざりませんでした。

実家では母が失敗して父に怒られ、餃子ひとりで作ってくれ、って。イジケるなよ。もちろん一緒に作りました。

◆「OnlyTheYoung」はキラキラしてるなぁ。Journeyの、'85年映画『ビジョンクエスト』挿入歌。キラキラしたアイスバーンをブリザックが噛みまくるような。

月曜日、事務所で彼に会ったら、いつもより軽い挨拶。土産の笹かまを美味いってこどもみたいに。やさしい男だと思います。

http://www.youtube.com/watch?v=A0yndoccO4w

|

« Crosby&Nash (2004) | トップページ | R.E.M. / WeAllGoBackToWhereWeBelong (2011) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

1980年代」カテゴリの記事

PowerPop」カテゴリの記事

コメント

ワクワクするパッケージですねw
盛り付け方も、斬新です!

投稿: | 2013年12月 6日 (金) 10時18分

→ 箱はいくつかで兼用している四角形・深め・経木です。 これも立派なもんです。

投稿: mersaku | 2013年12月 6日 (金) 14時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 萩の家 / デリシャスランチ (1,000円):

« Crosby&Nash (2004) | トップページ | R.E.M. / WeAllGoBackToWhereWeBelong (2011) »