« FleetwoodMac/HeroesAreHardToFind(1974) | トップページ | Crosby&Nash (2004) »

2013年11月18日 (月)

Queen / TheGame (1980)

Queen_the_game私の2曲:①「PlayTheGame」,⑩「SaveMe」

◆今朝『あさイチ』で、'80年代リバイバルでこの秋スタジャンが来ているという話題が出ていました。あの重くて膨らんだシルエットの?イラストではボトムスはケミカルウォッシュ..。信じられません。VTRを見ると、確かに今風にアレンジされすっきりしたシルエットにはなってはいるんですが。この秋流行って、来年はどうなってるんだろう?コレには手を出せません。

◆そんな'80年代、本作はその到来を告げた傑作の一枚と呼べるのではないでしょうか?'70年代、オペラで大仰なスタイルで時代を代表したQueenが、突然革ジャンで短髪でブラコンになってしまったのですから。'80年6月30日英米同時発売でした。

◆頑なに“NoSynthe”を謳ったQueenが初めてシンセサイザーを使った作品は①「PlayTheGame」からシンセとBrianの凄まじい狂宴。②「DragonAttack」(Brian作)、③「AnotherOneBitesTheDust」(JohnDeacon作)はリズムを弾ませたブラコンな2曲。♪“Let'sGo!”R&Bに激しいギターが乗るスタイルは後のマイケル的。技師JohnDeacon作の④「(OohI)NeedYourLovingTonight」、そして、プレスリーばりのオールドロック⑤「ClazyLittleThingCalledLove」。この②~⑤の流れの秀逸さ、この3分位ばかりの5曲に音の工夫が詰まっています。

白人ロックとR&Bの同じ起源を感じる、当たり前で忘れがちででも曲自体は軽妙で有難くも何ともないそこが素晴らしい⑦「Don'tTrySuicide」、'80年代Queenの2曲は⑥と⑨「ComingSoon」(⑨の方が好き)どちらもRoger作、'80年代の核です。最後は⑩「SaveMe」、Freddieの情感溢れるボーカル、Brianの水辺の白鳥のようなアコギから唸るギターソロ、厚みを乗せるドラムとベース、ここでも技とサービスの結晶が昇華しています。

http://www.youtube.com/watch?v=AzMoq0UacyY

http://www.youtube.com/watch?v=Scj4F9XkOgU

http://www.youtube.com/watch?v=8XahhAkTtlo

|

« FleetwoodMac/HeroesAreHardToFind(1974) | トップページ | Crosby&Nash (2004) »

1980年代」カテゴリの記事

PowerPop」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Queen / TheGame (1980):

« FleetwoodMac/HeroesAreHardToFind(1974) | トップページ | Crosby&Nash (2004) »