« FleetwoodMac/BareTrees(1972) | トップページ | SteelyDan / CountdownToEcstasy (1973) »

2013年9月15日 (日)

FleetwoodMac / Penguin (1973)

Penguin_album私の1曲:⑤「TheDerelict」

◆ここ、Macを聴く幸せを感じています。『Tango』から25年、私も家族も年をとり悩みごとも変わりましたが、Macはこの間に`'75年型Mac'のデモや`'75年'前の紙ジャケ発売と聴き返す機会もあり、長年新鮮な思いで聴いてきました。

◆『Penguin』は『枯木』の後、メンバーはFleetwood&MacにChristine、BobWelchにボーカルDaveWalker、ギターBobWestonの6人です。フォークロックの要だったDannyKirwanが喧嘩別れで抜け、2人の新メンバーを補充、強化を図った作品です。

◆`'75年型Mac'に直結するChristineの①「RememberMe」、数あるMac作品でも冒頭に"らしい"ポップロックが来れば、本作を選ぶ機会がグッと増えるというものです。続くBobWelchの②「BrightFire」はベースラインが堪能できる佳曲。再びChristineの③「Dissatisfied」は安定したカントリーロック。②,③とも多くの音が詰まっており、再発効果を感じます。そしてココからが新機軸。DaveWalkerのソウル④はモータウンのHolland-Dozier-Hollandのカヴァー。

◆B面、⑤「TheDerelict」はDave本人の作で、BobWestonのバンジョーも印象的なカントリーバラード。正直Macで演る必然性は感じませんが、こうした曲が入って、作品としての愉しさが増してます。BobWelchらしい大陸的な⑥「Reveration」はこの時期ならではの味。ChristineとBobWelch共作の⑦「DidYouEverLoveMe」は前から慣れ親しだような、スタンダードな名曲です。BobWelchの⑧「NightWatch」はChristineとのコーラスが厚みを持った6分超えの大作。ラストはBobWestonの⑨「CaughtInTheRain」。幻想的で美しく、余韻を残して終わるところが素敵です。

https://www.youtube.com/watch?v=zgjAe6Y2hf8

|

« FleetwoodMac/BareTrees(1972) | トップページ | SteelyDan / CountdownToEcstasy (1973) »

1970~1974年」カテゴリの記事

●FleetwoodMac」カテゴリの記事

Roots,南部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FleetwoodMac / Penguin (1973):

« FleetwoodMac/BareTrees(1972) | トップページ | SteelyDan / CountdownToEcstasy (1973) »