« Prince / 1999 (1982) | トップページ | DavidBowie/"Heroes"(1977)・実は2回目だった »

2012年8月 7日 (火)

U2 / TheJoshuaTree (1987)

32546532私の1曲:③「WithOrWithoutYou」

◆自由研究の3作目はU2、『TheJoshuaTree』です。紹介しそこねていた名盤を発掘する主旨なのでちょうどよかったのですが、この企画なしではもっと取り上げるのが遅れていたのかもと思うとおそろしいです。本作は'80年代ロックで最も重要な作品、③は最も重要な楽曲だと思えるからです。

◆アイルランド、ダブリンで結成し、デビュー前のごく初期にTheEdge(g)の兄が在籍した以外は現在まで不動の4人。初期のSteveLillywhiteプロデュースの鋭角的な音から、4thでBrianEnoとDanielLanoisをプロデューサーに迎えて陰影と深みを加え、次作である本作での飛躍的なスケールアップにより、人気・評価が爆発します。この頃、『TIME』誌の表紙を飾った事が話題になったり、U2単体でTV番組になったりしてたので、「U2、スゴイことになってるな。」という雰囲気を肌で感じていました。以降、音楽的な冒険と探求、バンドのスケールを極めて現在に至っています。

◆私、名盤を語るときによく"冒頭の3曲"という言い方をしますが、本作こそがRock史上の"冒頭の3曲"かもしれません。どれほどスゴイかと言えば、私は"3曲"しか聴かないくらいで、だから紹介が遅れたのかもしれません。LPではB面となる⑥以降も、TheEdgeのギターは美しく、Bonoの力強い歌声、これらを薄皮1枚被せて音響的に鳴らせてみせるところがEno&Lanois効果なのか、以降現在に至るまでこれがU2の音の地盤だと言えます。

◆この充実したB面を流して、私がこれしか聴かない"3曲"はやはり格段の存在です。①は聴いているといつも仕事しなくちゃと思わせる高揚感・切迫感があり、②ではAdam(b)とLarry(dr)が立体的なグルーヴを生み出します。③は静かな出だしから、TheEdgeの硬質なギターと呼応して徐々に盛り上がるBonoのボーカル、やがてAdam&Larryと一体となるバンドサウンドは、ロックを聴く答えを示してくれます。

https://www.youtube.com/watch?v=_Ye8GLPUVsM

|

« Prince / 1999 (1982) | トップページ | DavidBowie/"Heroes"(1977)・実は2回目だった »

1980年代」カテゴリの記事

Roots,南部」カテゴリの記事

GuitarOriented」カテゴリの記事

Gospel」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: U2 / TheJoshuaTree (1987):

« Prince / 1999 (1982) | トップページ | DavidBowie/"Heroes"(1977)・実は2回目だった »