« RyCooder / Jazz (1978) | トップページ | Prince / 1999 (1982) »

2012年8月 1日 (水)

Santana / Caravanserai (1972)

Caravanserai 私の1曲:⑤「SongOfTheWind」    

◆土曜日、奈良県と三重県の境、大台ケ原に行ってきました。奈良県にありながら屋久島に続く多雨地区と聞いていましたが、下界の厳しい暑さから1,500mの駐車場に着き登山口に一歩踏み入れた途端の雨。山頂で雨、大蛇ぐらでガス、伊勢湾台風で倒れたそのままの巨木と、多雨ならではの苔、笹。めまぐるしく天候の変わる自然の中に身を置いた不思議な4時間でした。帰りは川沿いのひなびた温泉に入り、のちどしゃ降り。まさに夏休みらしい一日を満喫することができました。

◆世間は夏休み真っ只中。私も自由研究よろしく、今まで取り上げてこなかった真の名盤をしばらく取り上げて行きたいと思います。まずはSantana、'72年の傑作4th『Caravanserai』です。ジャケットとこおろぎのSE。導入部が名盤です。蒼白く揺らめく月の砂漠。音楽をイメージ豊かに喚起させます。音楽的には3rdまでのラテンロック色が完結し、さらにジャズに精神世界に傾倒していく作品で、本作を最後にGreggRolie(kbd)とNealSchon(g)が脱退してJourneyを結成するなど、メンバー間の音楽的な趣向がはっきりと分かれた時期でもありました。

◆⑥「AllTheLoveOfTheUniverse」、⑩「EveryStepOfTheWay」のように熱くうねる曲もあるものの、全体のトーンはパーカッシブでエモーショナルでありながらもあくまでクールという、これまでのSantanaのどれよりもカッコ良い、官能美の極致ともいえる世界を泳ぐことができます。

https://www.youtube.com/watch?v=6B9HO-XO1vg

|

« RyCooder / Jazz (1978) | トップページ | Prince / 1999 (1982) »

1970~1974年」カテゴリの記事

WestCoastRock」カテゴリの記事

GuitarOriented」カテゴリの記事

コメント

大台ケ原山って、日本百名山だったんですね。
まさに、スピリチュアル・トレッキングでした。
「青いベンチ」、ステキでした~
なぜなのか、Charaの「レモンキャンディ」が、無性に聞きたくなりました。

投稿: | 2012年8月 3日 (金) 23時34分

→岡村ちゃんね。 あそこから紙ひこうき飛ばしたらどこまでいくんだろう?

投稿: mersaku | 2012年8月 5日 (日) 10時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Santana / Caravanserai (1972):

« RyCooder / Jazz (1978) | トップページ | Prince / 1999 (1982) »