« JeffBeck / Wired (1976) | トップページ | SteelyDan / Can'tBuyAThrill (1972) »

2012年3月12日 (月)

JoniMitchell / Hejira (1976)

3198040405私の1曲:②「Amelia」      

◆忘れてはならない1日が過ぎ、今朝の大阪は澄んで晴れました。

◆ギターの響きが新たな1日を告げる①「Coyote」。JoniのギターとJacoPastoriusのベースがこれまで聴いたことのない音を生み出し、LarryCarltonの浮遊感のあるギターが彩りを添えています。

◆'76年発売。'71年に傑作4th『Blue』を発売後、ジャズミュージシャンの起用など音楽的探求を続け、作曲・歌唱・ギター・共演者が再び極まった傑作です。

◆NeilYoungのハーモニカが荒涼とした③「FurrySingsTheBlues」、歌唱の美しい④「A StrangeBoy」、JoniとJacoが会話をしているかのような⑤「Hejira」、およそ捨て曲がありません。とりわけ、女性飛行士のAmeliaEarhartを歌った②「Amelia」が名曲です。どこまでも浮遊して舞い降りず、漂っています。この、澄み切って乾いた本作を聴くとスッと視界が開けて、落ち着いた気持ちになります。新しい1日をがんばろうという気持ちになります。

|

« JeffBeck / Wired (1976) | トップページ | SteelyDan / Can'tBuyAThrill (1972) »

WestCoastRock」カテゴリの記事

SingerSongWriter」カテゴリの記事

Progre,JazzRock」カテゴリの記事

1975~1979年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JoniMitchell / Hejira (1976):

« JeffBeck / Wired (1976) | トップページ | SteelyDan / Can'tBuyAThrill (1972) »