« JacksonBrowne / SoloAcoustic vol.1 (2005) | トップページ | 椎名林檎 / 正しい街 (1999) »

2012年2月 4日 (土)

まねき食品 / おかめ弁当 (870円), 穴子重 (1,000円)

P2012_0203_085621P2012_0203_135309_2今日のBGM:ColinBlunstone「ICan'tLiveWithoutYou」

◆昨日の朝の集合は竜野。新幹線で相生、ひと駅戻りが通常ルートですが、昨日は米原から来る新幹線は軒並み40分以上の遅れ。新幹線を姫路で断念し、予約していたおかめ弁当を、屋根付きの待合室を相部屋で食べるのは気恥ずかしく、極寒のホームのベンチで食べました。摂氏1℃くらいでしょうか、冬晴れでおかめによく影ができています。幕の内というか、白飯にいろんなおかずを乗っけたお弁当なんですが、蛸が乗り、いかなごが乗り、穴子が乗り、牛肉牛蒡が乗る。姫路の郷土色を満載した、立派な"地元の"駅弁でした。

◆帰り、ラウンダーさんが歯医者があるということで、お昼もひとり飯になりました。また駅弁にする必要はないんですが、まねき食品の売店で面白いものを見つけました。「ご注文を頂いてから作りますので、5分ほどお待たせします。」ここの売店は隣りにテーブルもあり、まねき名物の「えきそば」も食べられます。受け取ったお弁当は駅弁の風情はほとんどなく、わずかにまねき食品の箸袋が面影を残すのみ。それで食べたら、コレが抜群に美味い!穴子は香ばしく、タレは絶妙、ごはんはふっくら。ごはんに山椒の粒が入っているのも粋を感じるし、奈良漬もいい味だしてます。でもこのスタイルは駅弁?それでも、取り上げない訳にはいきませんでした。

◆まねき食品には"型"を守る本当の駅弁があり、"型"を大きく逸脱した駅弁?があります。それでも、今は朝の連ドラ(カーネーション)で不倫が描かれる時代です。私は糸ちゃんの、まねき食品の、その溢れ出るモノを応援したいと思います。

◆さて、頭を回っていたのはColinBlunstone。ゾンビーズ時代の「ふたりのシーズン」が有名ですが、それも、頭を回っていたこの曲が入った『OneYear』も、まだ私には響きません。でも、音楽も私も、地場の駅弁屋も、可能性は無限大なのだと思います。

http://www.youtube.com/watch?v=pyxmIWTwuEA

|

« JacksonBrowne / SoloAcoustic vol.1 (2005) | トップページ | 椎名林檎 / 正しい街 (1999) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

1970~1974年」カテゴリの記事

SingerSongWriter」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まねき食品 / おかめ弁当 (870円), 穴子重 (1,000円):

« JacksonBrowne / SoloAcoustic vol.1 (2005) | トップページ | 椎名林檎 / 正しい街 (1999) »