« TheDoobieBrothers / Takin'ItToTheStreets (1976) | トップページ | PrimalScream / Screamadelica (1991) »

2011年12月24日 (土)

萩の家 / 鯛めし (1,000円)

P2011_1222_102044 今日のBGM:手嶌葵「瑠璃色の地球」       

◆12月になって会社の経費削減策が緩くなり、今月は2度新幹線で東に行く機会ができて、萩の家も2回食べることができました。今回、近鉄から新幹線の乗り換えは12分。駅のそばとは言え、近鉄からだと、お店はちょうど京都駅を挟んだ間逆。厳しいと思っていましたが、なんと改札まで届けてくれました。駅弁1個を。無くなっても仕方のないサービスですが、本当に有難いことです。萩の家、ずっと応援したいと思います。

◆さて鯛めしと言えば、甘く炊いた鯛のおぼろを敷き詰めた駅弁が各地にありますが、私はその甘いのは好きではありません。それでも今回は、鯛のあら汁で炊いたご飯に粗くほぐした鯛の身を乗せているという解説を読んで、萩の家の鯛めしは違うのかな?と思って試してみたのでした。果たしてその味は?ご飯が美味い。鯛の身が美味い。ほぐさずに残した切り身も二切れ入っているのですが、皮が香ばしくて、そしてほのかに甘い。同じ"甘い"でも中身がまったく違う。付合せの小芋が、鶏が、蒲鉾までも美味しく、大変結構でした。

◆こんな幸せな弁当を食べながら、頭の中をグルグル廻っていたのは「瑠璃色の地球」でした。松田聖子さんのではなくて、日本生命のCMの方。先週まで『南極大陸』をやっていたので、耳に残っていたのでした。また新たな命が宿ったようで、力のある曲だと思います。それにしても。『南極大陸』にしても『JIN』にしても、どうして綾瀬はるかさんのちゃんとしたハッピーエンドのシーンが見られないのでしょう?いつも応援してるのに。次作こそそんなシーンを見せて欲しいと41歳は思ってしまいます。

http://www.youtube.com/watch?v=YRzBNUw3fPo

|

« TheDoobieBrothers / Takin'ItToTheStreets (1976) | トップページ | PrimalScream / Screamadelica (1991) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

日本」カテゴリの記事

2000年代」カテゴリの記事

Gospel」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 萩の家 / 鯛めし (1,000円):

« TheDoobieBrothers / Takin'ItToTheStreets (1976) | トップページ | PrimalScream / Screamadelica (1991) »