« 福原美穂 / HANABI SKY (2009) | トップページ | PaulSimon / StillCrazyAfterAllTheseYears (1975) »

2009年7月19日 (日)

Pixies / Doolittle (1989)

P4494_l_2私の1曲:⑥「Dead」         

◆木・金と研修でしたが、出来ない感を味わって終了しました。会社の目標は高いものに感じましたが、私は出来なくても、他の人は出来そうな気がしました。本来周りは関係ないのですが、自信がないんですね。

◆金曜は14時に終了したので呑む相手もなく、乗り換えずに行ける神保町に行きました。ディスクユニオンでCDを見てたら店内で掛かってるCD、フックがあってXTCみたいだなって思ってたらもっとラウドで、でもキャッチーで、次の曲が掛かるとまた良くて。Pixiesって? 棚に行ったら紙ジャケもある。でも掛かってる本作の紙ジャケはなくて、あんまりいいのでプラ1,680円(高い!)を買ってしまいました。

◆素晴しいじゃないですか!名前から、SpecialsとかSqueezeとかその辺りの時期を想像していたのですが、'86年ボストンで結成、初期オルタナの代表バンドなんですね。①「Debaser」は私が去年ハマったSuparcar・1stの①「クリームソーダ」と雰囲気が似てて、後の曲からも、そこかしこに影響を受けてたことを感じます。⑥「Dead」での変態な曲展開。⑦「MonkeyGoneToHeaven」は聴いたことありました。彼らの特徴として歌詞も変わってるそうなんですが、女性コーラス(ベース、KimDeal。)、メロディの良さとも相まって、音のラウドさよりも甘く響きます。そこがいいですね。

◆聴いたことのなかった、自分が好きになる音楽は山のようにあります。器用じゃない私の達成法は、手を尽くすことです。止めずに手を尽くして、人も頼って。本当に出来る人って、人を頼ることに要らぬプライドを持たない人なんでしょうね。

https://www.youtube.com/watch?v=9ZtT0mlbSXU

|

« 福原美穂 / HANABI SKY (2009) | トップページ | PaulSimon / StillCrazyAfterAllTheseYears (1975) »

1980年代」カテゴリの記事

GuitarOriented」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Pixies / Doolittle (1989):

« 福原美穂 / HANABI SKY (2009) | トップページ | PaulSimon / StillCrazyAfterAllTheseYears (1975) »