« ElectricLightOrchestra / Time (1981) | トップページ | 井上陽水 / 氷の世界 (1973) »

2009年6月 2日 (火)

PaulMcCartney / TugOfWar (1982)

Pictm_paul私の1曲:⑤「HereToday」       

◆今日の長野は1週間ぶり位に暑くなって29℃、一日外廻りの日にしたので、たくさん店を廻り、汗をかき、帰ってきてのやった感が違いました。まだ仕事もありますけど、今夜はご褒美で趣味優先にしたいと思います。

◆それで『TugOfWar』を聴いています。制作中にJohnの死があり、それを乗り越えてのPaulの最初の作品として有名で、作品の質も彼のソロでの最高傑作と呼ばれています。GeorgeMartin(プロデュース)・GeoffEmerick(エンジニア)を起用して"Beatly"なサウンド(軽快な歌にも格式がある)と、StevieWonderを迎え幅の広さと大物感を得て、名も実も呼ばれて当然の傑作になりました。

◆でも、私が本作を好きなのは、聴けば聴くほど彼の声だったりします。①「TugOfWar」での優しく、力強く、また優しいPaul。⑤「HereToday」での在りのままで歌詞を大切に歌うPaul。⑫「EbonyAndIvory」での気持ちよく音を乗せるPaul。

◆⑤はJohnを歌った曲だから好きなのではありません。まず曲がいいし、大切な人なんだ、ってことを伝えたい気持ちを強く感じるので、すごく好きなんです。伝えなくても抱えてる思いは誰にもありそうで、そんな思いとこの曲は重なります。

◆PaulはBeatlesの解散後、長い間ヒールでした。事務所仲間のプーチンもPaulみたいな大っきい眼でヒール扱いでしたが、可愛い赤ちゃんが生まれました。私も眼が大っきいつもりなんだけど、ヒールじゃないのかな?仕事ができるとか、頼れるとか、思われていないんだよな。

http://www.youtube.com/watch?v=K7jUZjXZtE4

|

« ElectricLightOrchestra / Time (1981) | トップページ | 井上陽水 / 氷の世界 (1973) »

1980年代」カテゴリの記事

Pop」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PaulMcCartney / TugOfWar (1982):

« ElectricLightOrchestra / Time (1981) | トップページ | 井上陽水 / 氷の世界 (1973) »