« Chicago/GreatestHits1982-1989(1989) | トップページ | BobDylan / Don'tThinkTwice,It'sAllRight (1963) »

2009年1月25日 (日)

Traffic / JohnBarleycornMustDie+4 (1970→1999)

Trafficjohn_barleycorn_must_die_2_2私の1曲:⑧「Sittin'HereThinkin'OfMyLove」

◆実は、買ってほとんど聴いてないCDが結構あって、しばらく買わずに聴き込んでいきたいと思っています。今日はエアシェイディが2着に入り、近くのスーパーの駅弁祭りが見切りも出ずに完売、長野の最高気温が2℃予想で5℃まで上がった日。そう、何もない穏やかな日でした。

◆こんな日に聴いていたのはコレ、Trafficの『JohnBarleycornMustDie』、名作の誉れ高い作品です。SteveはTraffic解散後、BlindFaith、AirForceを経てソロ作『MadShadows』を作ろうとしたものの制作にChrisWood、JimCapaldiを呼んで、この3人で作るのだから、と作品はTrafficの再結成作になりました。

◆タイトルの"JohnBarleycorn"は大麦のことで、刈り取られて一度は死ぬが、ブランデーとして蘇り人々を幸せにする、というお話から採られています。それで、ジャケットは大麦の束。'99年CDではボーナストラックが入るものの何故かA面後に④、B面後に⑧、ライブを⑨~⑪と不思議な挿入の仕方をしており、しかも⑪はメドレーの次の曲が始まったところで、ブチッと終了します。 成り行きの再結成、売れそうもないジャケット、不可解なボーナストラックの収録位置、名作なのにちょっと拙いです。大体、SpencerDavisGroup以降、ハジけるSteveWinwoodって印象に無く、ある意味彼らしい作品なのかもしれません。

◆曲は時に黒く、時にジャジーな(ChrisWoodのフルート、サックスが効いているんだと思う)佳曲揃い、①「Glad」から②「FreedomRider」に移る所は本当にカッコいいし、⑦「EveryMothersSon」のオルガンも凄い、一番好きなのが未発表曲⑧「Sittin'HereThinkin'OfMyLove」なのが何ですけど、滋味溢れる、穏やかだった冬の一日の夕暮れのような曲です。

|

« Chicago/GreatestHits1982-1989(1989) | トップページ | BobDylan / Don'tThinkTwice,It'sAllRight (1963) »

1970~1974年」カテゴリの記事

Progre,JazzRock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Traffic / JohnBarleycornMustDie+4 (1970→1999):

« Chicago/GreatestHits1982-1989(1989) | トップページ | BobDylan / Don'tThinkTwice,It'sAllRight (1963) »