« BrianWilson / Imagination (1998) | トップページ | スーパーカー / スリーアウトチェンジ (1998) »

2008年10月11日 (土)

TheDoobieBrothers / TheCaptainAndMe (1973)

P3241mid私の1曲:⑦「SouthCityMidnightLady」                   

◆10月から自宅が仕事場になってさぞや効率的に時間が使えそうなところですが、それを上回る外勤の忙しさ、4月と10月はこの業界、ダメです。音楽を聴きながらスイスイ内勤なんて全然ないし、帰ってご飯食べたら眠くて何にもできません。おかげで仕事部屋のCDも替えられずコレが入りっぱなしでした。

◆Doobiesの3rd、ファンの多くが彼らの最高作に挙げる作品です。と言って、私はMichaelは苦手でTomは知らない、Doobiesは今までほとんど縁がなく、これも紙ジャケが出たので彼らの基本として買ってみたのです。"洋楽好き"で20年、今さら新たにDoobiesを好きになる事もないなぁと思っていましたが、ずっと聴いていると気に入ってきます。

◆②「LongTrainRunnin'」と③「ChinaGrove」が有名ですが、①「NaturalThing」がアルバム冒頭としては軽快で文句なしの一曲。③のノリのよさも好きです。④,⑤のウネった感じもアルバムの中で起伏を生んでるし、ドロドロしすぎない収まりのよさがここでは悪くありません。彼らは初期はよく"豪快"と形容されていましたが、本作は"豪快にして軽快"、作者がバンド名義の力強い⑥「WithoutYou」と混沌とした熱を帯びた⑧「EvilWoman」の間で、PatSimmons作の⑦「SouthCityMidnightLady」がもたらす穏やかな波と清涼感がEagles3rdのようで気持ちいいです。

https://www.youtube.com/watch?v=zt7kEqWlSyc

|

« BrianWilson / Imagination (1998) | トップページ | スーパーカー / スリーアウトチェンジ (1998) »

1970~1974年」カテゴリの記事

WestCoastRock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TheDoobieBrothers / TheCaptainAndMe (1973):

« BrianWilson / Imagination (1998) | トップページ | スーパーカー / スリーアウトチェンジ (1998) »