« SunnyDayService / MUGEN (1999) | トップページ | DennisWilson / PacificOceanBlue (1977) »

2008年8月 3日 (日)

Spitz/さざなみCD(2007)

Upch1620私の1曲:①「僕のギター」

◆「ロックって何ですか?」と訊かれると困ります。昔、洋楽と言えばロックがメインに居たので洋楽を聴いていればそれがロックでしたが、今は洋楽ではとっくに脇にやられ、邦楽も細分化されたシーンの中で、メインにいる音楽がロックなのかは分かりません。

◆Spitzもロックと呼ぶには"?"な音をしています。'60~'70年代のロックファンであること、初期はいびつな歌詞を好んでいたこと、不動のメンバーでバンドサウンドを重視している。ロックな要素は感じられるものの、あまりにキレイなメロディとマサムネの優しい声、佇まいなど、"ポップス"と呼んでいいと思うバンドですが、ロック好きの私は長年彼らを聴いてきました。

◆本作は彼らの最新作、昨年10月の発売ですが私は最近買って、営業車でずっとかけています。三輪テツヤのアルペジオの後、永遠を戯言と言い、よれよれの幸せを追う②「桃」。ナデナデも巻き巻きもやりたい④「Na・de・Na・deボーイ」。恋はフシギにしてブキミ(⑥「不思議」)で、花はトゲも根っこも美しい(⑨「魔法のコトバ」)。以前のコオロギの目線が復調し、一切迷いのない王道のSpitzサウンドが鳴っています。

◆私は何もない夏を苦闘中です。取引先とは難しい商談を続け、人付合いもホント下手だと思います。それでも①「僕のギター」のように、♪君を歌い、♪消えないように刻む日々を続けます。感謝も、未練も抱えて。20周年、40歳にして王道に迷いのないSpitzの"ロック"を聴いて、毎日営業車で走ります。

http://www.youtube.com/watch?v=9c6vHdxCsG4

|

« SunnyDayService / MUGEN (1999) | トップページ | DennisWilson / PacificOceanBlue (1977) »

日本」カテゴリの記事

2000年代」カテゴリの記事

●スピッツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Spitz/さざなみCD(2007):

« SunnyDayService / MUGEN (1999) | トップページ | DennisWilson / PacificOceanBlue (1977) »