« NeilYoung / Silver&Gold (2000) | トップページ | Spitz/さざなみCD(2007) »

2008年7月24日 (木)

SunnyDayService / MUGEN (1999)

749私の1曲:⑤「八月の息子」      

◆先週梅雨が明けていよいよ夏本番なのですが、もう夏の思い出のような気分です。だいたい結婚して子供のいない人には夏休みは関係なくて、真夏の音楽より、通り過ぎる夏を慈しむ音楽の方が涼しくてよっぽどいいってもんです。

◆サニーデイサービスの6th、『MUGEN』はそんな作品でしょうか。抑揚がなくてずっといつ売ろう?って思ってた作品なんですが、こう暑いとうるさい音楽が聴けず、なんとなく聴いてたら気に入りだして、ここのところ営業車でよくかけています。ファンでなければ、コレを1回で気に入るのは難しいと思います。なんとなく手元に置いといて5年で10回くらい聴く機会があれば、真価を発揮しそうです。歌詞も良さそうなのでボーカルがもっと立っていればと思うのですが、そこは私が歌詞カードを見ながらフォローしています。だから、暑苦しいのか。

◆①♪「東京の街には太陽と雨が降って~」夏の東京はどうでもだけど、太陽と雨が降るってのは素敵ですね。♪「笑う女の子が恋のふもとで手を振る」ってくだりも。⑤→⑥の流れは魅力的で、⑤「八月の息子」でのゆらめくジリジリとリフレイン、♪「高鳴る心は寄せては消える夢のよう」(⑥「サインオン」)。⑧「時計をとめて夜待てば」の静かなメロディも好きです。

◆⑤をかけて土手を運転しながら芝生の藍を見てると、なんだか懐かしい気分になります。何もない今年の夏だけど、あまり早く終わって欲しくないような気持ちになります。

◆7/25追記:再結成するんですね。ライジングサンは遠いけど、野外で見たいです。

|

« NeilYoung / Silver&Gold (2000) | トップページ | Spitz/さざなみCD(2007) »

1990年代」カテゴリの記事

日本」カテゴリの記事

Folk,FolkRock,Trad」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SunnyDayService / MUGEN (1999):

« NeilYoung / Silver&Gold (2000) | トップページ | Spitz/さざなみCD(2007) »