« JacksonBrowne/Somebody'sBaby(1982) | トップページ | TheBeachBoys / PetSounds (1966) »

2008年6月21日 (土)

JacksonBrowne / ForEveryman (1973)

P2614mid私の1曲:⑨「SingMySongsToMe」~⑩「ForEveryman」   

◆本日は休日出勤でした。展示会会場から駐車場までが遠く、車内で冷やした商品の会場までの運搬を終日何往復か。梅雨時だし、厳しかったです。そんな帰りはシェイクだったりポテチだったり、弱い私が常ですが、そんなお腹を空かせた⑩「ForEveryman」に彼の声の、何と優しく響くことか。

◆彼、JacksonBrowneの2作目、デビュー作とあの『LateForTheSky』に挟まれた地味な印象のある作品ですが、ここには超名曲の、後輩夫婦のダンナの好きな⑤「TheseDays」があり、誰でも知ってる「田舎に泊まろう」の①「TakeItEasy」が収録されているのです。共作者なのでJacksonが歌ってても当然ですが、Eagles程さえないものの、最も好きな歌詞の♪WeMayLoseAndWeMayWinであろうと、そこにはもう戻らないからテイクイットイージーに登ろう、と謳う歌詞は、彼の方が響きます。ナイーヴな彼を楽しむなら、2作目ですね。大体この人、59歳にしていまだにデビュー時と変わらぬ長髪・真ん中分けですから、彼もロックだったんだなと恐れ入る次第、ちょっとスゴイです。

◆他には⑨「SingMySongsToMe」での♪That(There)MyNeverBeがメロディではキモ、そのまま2番を歌う様にメドレーする⑩「ForEveryman」の声が、お腹を空かせた"ForEveryman"を優しく包む。余計なモノを食べずに済んだのはきっとこの声のおかげでしょう。ついでに、曲のラストでのDavidLindleyのギターソロが、Jacksonに負けず劣らず優しく響きます。

http://www.youtube.com/watch?v=XUvmZxuCBV0

|

« JacksonBrowne/Somebody'sBaby(1982) | トップページ | TheBeachBoys / PetSounds (1966) »

1970~1974年」カテゴリの記事

WestCoastRock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JacksonBrowne / ForEveryman (1973):

« JacksonBrowne/Somebody'sBaby(1982) | トップページ | TheBeachBoys / PetSounds (1966) »