« DanFogelberg/Souvenirs(1974) | トップページ | XTC / SensesWorkingOvertime (1982) »

2008年1月 1日 (火)

PeterGabriel(1977)

1私の1曲:②「SolsburyHill」

◆生まれて初めて一人で正月を過ごしています。この二日で外出したのは追加の年賀状を出しに行っただけ、昨日一日降り積もり足跡ひとつない家の前の小学校の駐車場をベランダから眺め、その前の通りも夜はひっそり、静かに静かに時間を過ごしています。

◆CDを聴き、一人で飯を作り、静かで悪くない一日でした。夜になって、今はピーガブを聴いています。それ程知らない(在籍時のGenesisも知らない)んですが、知ってるコレは結構好きです。Genesis脱退後の1stソロ、全英7位・全米38位まで上がり、日本で言われる程知る人ぞ知る、でもなく人気アーティストだといえます(『So』以降とはレベルが違うが)。

◆曲の方も聴かず嫌いでは勿体ない美しさ。BobEzrinプロデュース(『TheWall』)の程好い仰々しさとの相性も抜群で、③「ModernLove」や⑤「Humdrum」での歌唱と展開に圧倒され、その後何度も再録する<ノアの箱舟>を思わせるこだわりの名曲⑨「HereComesTheFlood」に惹き込まれます。そして、②「SolsburyHill」のどこまでも希望に満ちた軽やかさが好きです。②達成と⑨困難は不可分のもので、2曲が入っている本作には重みがあり、静かな夜に深く聴き入ります。

http://www.youtube.com/watch?v=dLhI__sOLsQ

|

« DanFogelberg/Souvenirs(1974) | トップページ | XTC / SensesWorkingOvertime (1982) »

Progre,JazzRock」カテゴリの記事

1975~1979年」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

投稿: 「隆」 | 2008年1月 2日 (水) 08時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PeterGabriel(1977):

« DanFogelberg/Souvenirs(1974) | トップページ | XTC / SensesWorkingOvertime (1982) »