« BozScaggs / Moments (1971) | トップページ | SoftMachine / Third (1970) »

2008年1月27日 (日)

Kinks/FaceToFace(1966)

To_2

私の1曲:⑬「SunnyAfternoon」                                   ◆金曜日しっかり仕事をやり、友達と楽しく呑み、いい流れでしたが、嫌な予兆は寝る前にありました。探してるんだけど見つからないな。それは翌日、本格的に探しても見つからず、結局週末丸2日を費やしたものの見つからずじまい。もう出てくるのを待つしか手がなく、だらしなさを責めても遅く、正に♪All I'veGot'sTheSunnyAfternoon、Kinksです。ホントは書く気分でもありませんが、やれる事がないので、気晴らしです。  ◆冴えないといえばKinks(失礼)、曲にキレがないし、Rayの顔も冴えない。「YouRealyGotMe」をヒットさせキレのある“キンキーサウンド”を確立させながら、そうした音楽性を早々と見切り、以後、幅広くゆえにヒネくれてもいる“英国”に拘った、力の入らないロックを展開していきます。  ◆本作は“転向”の第1歩だけに、それまでのビートナンバーと以後の牧歌路線との混在ぶりが魅力です。軽快なビートの①「PartyLine」からサラッとした佳曲③「Dandy」、美しい④「TooMuchOnMyMind」・⑤「SessionMan」のメドレー。曲間を効果音で繋げている箇所もあって、本作を『Sgt.Peppers』よりも1年早く最初のコンセプトアルバムとする説もあるそうです。キメの歌詞がこれなんてマヌケでカッコいい♪⑨「MostExclusiveResidenceForSale」、ラーガな⑩「Fancy」。そして最高な2曲、見つからなくてホトホト悲しい⑬「SunnyAfternoon」と、Beatlesであり、そして何よりキンキーである⑭「I'llRemember」。あっさりとカッコ良く、哀しかったりします。

|

« BozScaggs / Moments (1971) | トップページ | SoftMachine / Third (1970) »

1960年代以前」カテゴリの記事

Pop」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Kinks/FaceToFace(1966):

« BozScaggs / Moments (1971) | トップページ | SoftMachine / Third (1970) »