« Association/WaterbedsInTrinidad!(1972) | トップページ | 細野晴臣 / HOSONO HOUSE (1973) »

2007年12月16日 (日)

MoodyBlues/SeventhSojourn(1972)

Seventhsojourn

私の1曲:②「NewHorizons」                        ◆私も中毒です。ただし、アルコールではありません。私の中毒はCD、12月に入って14枚買っています。まだ聴いていないのがあるんじゃないか、と思うくらい。買い直しも多く、純然たる初聴は半分くらいですが、これだけまとめて買うと何かにぶち当たります。  ◆それがMoodyBlues、'64年デビューでプログレの草分けでありながら日本での認知は何故か低い。よくある話ですが海外では別格で、8作目(プログレ転向後7作目)の本作も全米1位・全英5位を獲得し、やるべきをやり尽して活動を休止します(復活は'78年)。実は私も彼らをほとんど知らず、MoodyBluesなら「YourWildestDreams」、MikeOldfieldなら「MoonlightShadow」という世代ですから、こんなまとめ買いでもしなければ出会わなかったわけです。  ◆それで、肝心の中身がとても良くて、プログレにつきものの難しい曲展開や高い演奏技術を目立たせるようなのはなく、トータルでイメージを喚起させる、『狂気』以前のFloydに近い感じがあります。  ◆RayThomasの牧歌的メロディと歌唱が聴ける③「ForMyLady」、ドラマチックな④「Isn'tLifeStrange」、ノリのいいポップソング⑤「YouAndMe」などいい曲が揃っていますが、JustinHayward作・Vo.の②「NewHorizons」では、失った愛をいつか乗越え、新たな心の平和を見つけようという思いが描かれます。たゆたう波のようなコーラスとメロトロンに身を任せ、漂います。

|

« Association/WaterbedsInTrinidad!(1972) | トップページ | 細野晴臣 / HOSONO HOUSE (1973) »

1970~1974年」カテゴリの記事

Progre,JazzRock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MoodyBlues/SeventhSojourn(1972):

« Association/WaterbedsInTrinidad!(1972) | トップページ | 細野晴臣 / HOSONO HOUSE (1973) »