« 細野晴臣 / HOSONO HOUSE (1973) | トップページ | DanFogelberg/Souvenirs(1974) »

2007年12月26日 (水)

TheDoobieBrothers / WhatAFoolBelieves (1978)

What_a_fool_believes◆このジャケット、wikipediaからですが初めて見ました。有名なのはLPのモノクロの奴ですが、LP1枚をまとめて紹介する気にはなれません。ドゥービーブラザーズ、聴けば聴く程Eaglesが聴きたくなってしまいます。それでもコレを紹介するのは、「WhatAFoolBelieves」があまりにも秀逸だからです。正直、これは水も漏らしません。

◆Doobiesは初期好きと後期好きに分れ(日本のファンはほとんど初期好き?後期はDoobiesと言うより“MichaelMcDonald”そのもの)ますが、この曲に文句を言う人はあまり聞いた事がありません。それほど完璧、あのKennyLogginsとMichaelの共作で、全米1位になりグラミーも受賞、賛否ありつつもバンドの地位を一段上げた曲である事は間違いありません。

◆それと、この曲にはこれまでの話とは全く関係のない思い入れがあり、この曲は私が中高生の頃聴いていた菊池桃子さんのラジオのテーマ曲だったんです。オープニングトークがBeeGees「MelodyFair」で、タイトルコールに続き「WhatAFoolBelieves」が入る、この流れがとても好きでした。TBSだけでなく文化では村松健「レインフォーレスト」、ニッポン放送では大瀧詠一「ガラス壜の中の船」が使われていて、桃子ラジオのスタッフに音楽好きを鍛えられた気がします。私が心酔しているBostonの「MoreThanAFeeling」も出会いはTBSの桃子ラジオでした。

◆当時のこんな些細な事、みんな宝物のようで20年前と今の自分を思うと目がくらんでしまいますが、また前に向き直ります。菊池桃子さんも、アレが「WhatAFoolBelieves」だって知っててくれてると嬉しいな、と思います。

http://www.youtube.com/watch?v=M1AB2Ws0LB4

|

« 細野晴臣 / HOSONO HOUSE (1973) | トップページ | DanFogelberg/Souvenirs(1974) »

WestCoastRock」カテゴリの記事

1975~1979年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TheDoobieBrothers / WhatAFoolBelieves (1978):

« 細野晴臣 / HOSONO HOUSE (1973) | トップページ | DanFogelberg/Souvenirs(1974) »