« JohnMellencamp/TroubleNoMore(2003) | トップページ | MoodyBlues/SeventhSojourn(1972) »

2007年12月10日 (月)

Association/WaterbedsInTrinidad!(1972)

Jacket_a 私の1曲:②「DarlingBeHomeSoon」                    ◆今日もアパートに着いて空を見上げると、星がきれいでひどく寒い。ここには冬の間いない方がいいなと本当に思う。でも、どこかで冬を越せれば、春になってここに帰ってくる必要がない事もどこかで分かっている。  ◆さて。毎日寒いですが、きっと此処の方が寒いのでしょう、CBSマークにも雪が積もる極寒のトリニダード!氷が張った湖の後ろはシカゴ。Associationの、ソフトロック好き垂涎の『WaterbedsInTrinidad!』です。ただ、私は本作をソフトロックの名盤とは思っていません。巷でイメージされるソフトロックよりずっと躍動感があって惹きこまれます。コーラスの分厚さもこの躍動感に一役買っており、逆にコーラスの素晴しさがソフトロックに分類されるところでもあるのでしょうが。  ◆思いの高まる、メンバーTerryKirkman作・Vo.の④「ComeTheFall」、スイングしてジャンプした⑤「KickingTheGongAround」から、同じ作者でこちらはガラリ雰囲気の変わった⑥「RainbowsBent」、そしてKing&Goffinの⑦「SnowQueen」と、本作が悪かろうハズがありません。後期Byrds風の⑧「IndianWellsWoman」もいいです。  ◆それでも、特別なのは②「DarlingBeHomeSoon」でしょうか。作者のJohnSebastianは甘ったるくて好きでありませんが、このバージョンは秀逸、オザケンの「カウボーイ疾走」がよみがえります。

|

« JohnMellencamp/TroubleNoMore(2003) | トップページ | MoodyBlues/SeventhSojourn(1972) »

1970~1974年」カテゴリの記事

WestCoastRock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Association/WaterbedsInTrinidad!(1972):

« JohnMellencamp/TroubleNoMore(2003) | トップページ | MoodyBlues/SeventhSojourn(1972) »