« OffCourse / Junktion (1977) | トップページ | JohnMellencamp/TroubleNoMore(2003) »

2007年11月25日 (日)

R.E.M./Up(1998)

P3934mid私の1曲:⑤「AtMyMostBeautiful」

◆今日は穏やかに晴れていい日曜日でした。それでも、夜10時ともなるといつも通り冷えてくるので、今夜も何℃まで冷えるのか、気になります。

◆こんな夜はR.E.M.の『Up』が合います。コレは一言でいうと“静かで、強い作品”です。こういう評価になる作品は、あまりありません。巷には音楽が溢れており、静か(=一聴、退屈)な作品は次に聴く機会がないからです。

◆それでも、『Up』は繰り返し聴いて、私の中ではそうした感想を持つようになった作品です。ここには鬱蒼とした世界に対峙する意志が描かれており、それは私たち凡人が日々向き合う日常の事であり、彼らの音楽に、私は立つ勇気を与えられるのです。彼らは、本作制作の前にドラムのBillBerry脱退という危機を経験しながら、メンバーを加入させず本作を発表し、今も3人で活動を続けるという、結成時の4人を大切にしているバンドで、そんな姿勢も私には信頼に足る存在なのです。

◆⑦「SadProfessor」、⑩「WhyNotSmile」、⑪「Daysleeper」、⑭「FallToClimb」、静かにして強い名曲が並ぶ中で⑤「AtMyMostBeautiful」が別格、このゴスペルを聴いてると、家族に、いつも私を励ましてくれる仲間に、隣の働き者のお兄ちゃんや、世界中の一人でも多くの人に、幸せが降るように願ってやみません。いやマジで。

http://www.youtube.com/watch?v=UIXs66BPooY

|

« OffCourse / Junktion (1977) | トップページ | JohnMellencamp/TroubleNoMore(2003) »

1990年代」カテゴリの記事

Pop」カテゴリの記事

●R.E.M.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: R.E.M./Up(1998):

« OffCourse / Junktion (1977) | トップページ | JohnMellencamp/TroubleNoMore(2003) »