« WishboneAsh (1970) | トップページ | TomPetty / Wildflowers (1994) »

2007年5月21日 (月)

ElvisCostelloAndTheAttractions / AlmostBlue (1981)

406_1私の1曲:⑦「GoodYearForTheRoses」     

◆昨日の長野は15℃、晴れてるのにここ高原?って位の寒さでした。妻が苦手な為、留守番時に食べるよう言われていた北信の家庭料理ジンギスカン、匂いがこもらないよう窓を開け続けたのでとにかく寒くて。加えて土日の内に進めたかった内勤も、土曜にやった分、昨日は寒さもありサボってしまいました。仕事もやらずブログもやらず、焦りだけ先に立った日曜日が終わり今日は月曜日、前日比は+10℃、ポカポカでした。眼に青葉、緑も鮮やかでウキウキ、家に帰れば妻も帰ってメシもある。昨日とはうって変わった月曜日、ブログもスイスイです。

◆Costelloの'81年作6作目は何とカントリーのカヴァーアルバム。何と、って事もないか、でも当時はカントリーリバイバルやGramParsonsブームが起こるずっと前だし、その頃のCostelloはパンクを代表する存在でしたから。でも、これも今なら当り前の事ですが、その後のCostelloの変遷、今の彼のスタンダードたりうる評価を思えば、これもバックグラウンドのひとつとしてとても納得がいきます。

◆切ない②「SweetDreams」、軽快な⑤「TonightTheBottleLetMeDown」、シングルにもなった(全英6位)、とにかく聴かせる⑦「GoodYearForTheRoses」。型を大切にした乗っかり方が心地よい⑧「Sittin'AndThinkin'」、Gramを受け継いだかのバラード⑩「TooFarGone」...。まるで自作のようにフィットする楽曲との相性の良さも魅力ですが、最大のポイントは彼の、原曲への愛情から染み出す歌心なのでしょう。

http://www.youtube.com/watch?v=VtkboWw3Pnc

|

« WishboneAsh (1970) | トップページ | TomPetty / Wildflowers (1994) »

1980年代」カテゴリの記事

Roots,南部」カテゴリの記事

●ElvisCostello」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ElvisCostelloAndTheAttractions / AlmostBlue (1981):

« WishboneAsh (1970) | トップページ | TomPetty / Wildflowers (1994) »