« MilesDavisQuintet / Relaxin' (1956) | トップページ | JamesTaylor / InThePocket (1976) »

2007年2月24日 (土)

SUGAR BABE /SONGS(1975)

Jacket_s

私の1曲:ちょっと選べません。                         ◆今日は起きると雪、晴れているのに。しかも結構吹雪いているという。雪は10時くらいまでには止みましたが、風が残って冬晴れ、とっても体感の寒い1日でした。やはり長野は侮れません。こんな日はとっとと家に帰って早くから夕飯にするに限ります。今日は2件目のスーパーでお気に入りのHoegaardenの見切り品を数本買い込み、1件目の39円メンチカツ(ここのはこの価格が信じられない美味さ)を食べながらご飯が炊けるのを待つ。冬晴れの室内でお陽様の高いうちからビールを飲む土曜の午後3時。至福の時です。  ◆そして、空の青と華やいだ香りに彩を添えるのはこんな音楽でしょう。SugarBabeの『Songs』、彼等唯一のアルバムで今では日本Rock至上の傑作との評価を受けていますが、素晴らしいのは音楽の軽やかさです。今ではみんなが『DAISUKI!』を思い出す①「SHOW」、そして②「DOWN TOWN」(『オレたちひょうきん族』)、この2曲をタイアップした番組が、彼等の音楽の軽やかさと普遍の大衆性を見事に捉えていませんか?  ◆他にも、春先の、まだ寒いけど厚着しないで夜空に出たい⑦「すてきなメロディー」、ブラスで熱い⑧「今日はなんだか」、Naiagara仲間で大団円の⑪(LP時代はB面「おまけ」と表記)「SUGAR」と、楽しさが手のひらにいっぱいです。  ◆中で大貫妙子作品の3曲、特に③「蜃気楼の街」が好きなのですが、弱く、脆く、それが音として出ると何故か立っている。人という存在の“独り”を再認識し、背筋を伸ばし軽やかに飛び出すのです。

|

« MilesDavisQuintet / Relaxin' (1956) | トップページ | JamesTaylor / InThePocket (1976) »

日本」カテゴリの記事

1975~1979年」カテゴリの記事

Pop」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
80s洋楽クラブにコメントありがとうございました。
これらかもよろしくです。
これは、懐かしいです。
自分もリアルで聞いたわけではありませんが、
①「SHOW」
②「DOWN TOWN」
なんて懐かしいです。

投稿: CLUBYY | 2007年2月25日 (日) 01時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SUGAR BABE /SONGS(1975):

« MilesDavisQuintet / Relaxin' (1956) | トップページ | JamesTaylor / InThePocket (1976) »