« MariaMcKee / Peddlin'Dreams (2005) | トップページ | Santana/Lotus(1974) »

2006年10月26日 (木)

☆Spitz / 空の飛び方 (1994)

Poch1392私の1曲:②「スパイダー」 

◆9/30に長野県に引っ越して以来、作日やっとインターネットが繋がるようになりました。またブログが書けるようになった日に、コレが残っていてとても嬉しいです。

◆本作は彼らにとってミニアルバムを含めて6作目、リアルタイムで聴いた最初のアルバムです。本作には、9th⑩「青い車」や伊集院光のOh!デカナイトな10th②「スパイダー」とキャッチーな名曲が並び、ブレイク直前(次作は11th「ロビンソン」)ならではの、“眠るのを惜しむ若者の街”のようなほの明るさが全編に漂っています。何しろ、後年リバイバルヒットし、今やSpitzで最も有名な曲となった8th③「空も飛べるはず」も収録されているのです。

◆歌詞は真夏ですがTomScholzやMarkKnopflerのように空の高い⑩や、コチラはドンピシャ、正に今時の夕暮れにこれ以上ない⑤「恋は夕暮れ」と名曲掛け流しの本作ですが、私は特に②を紹介したいと思います。

◆この曲は駆落ちの歌、それもとびきり軽い駆落ちソングで、これに人生を突き動かされる人は皆無だと思います。私の妻も「Spitzは(軽くて)みんな同じ。」と常々言い切っていますが、当時この曲に限ってはドライブ中に掛かるとノリノリで手拍子を叩いていたものでした。転勤に端を発し危機にあった今年の夏、信じたり疑ったりの振幅の中で、あの頃どんな気持ちで②を聴いていたのか、駆落ちの重みはないのか、訊きたい思いでした。

◆その後、彼女は仕事を続ける機会に恵まれ、10月からお互い長野と千葉を行き来する生活ができるようになりました。私以上に悩んだであろう彼女は、今朝は長野で屈託なく笑い、②「スパイダー」も意味なく軽く鳴り響くのに絶好の、爽やかな青空になりました。

http://www.youtube.com/watch?v=CMDrdN3iVhs

|

« MariaMcKee / Peddlin'Dreams (2005) | トップページ | Santana/Lotus(1974) »

1990年代」カテゴリの記事

日本」カテゴリの記事

●スピッツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ☆Spitz / 空の飛び方 (1994):

« MariaMcKee / Peddlin'Dreams (2005) | トップページ | Santana/Lotus(1974) »