« 山下達郎/CircusTown(1976) | トップページ | MariaMcKee / Peddlin'Dreams (2005) »

2006年9月 2日 (土)

remioromen/HORIZON(2006)

Vicl62100 私の1曲:⑨「明日に架かる橋」                           ◆誰でも、大人になっていく中で現役の青春世代を追い抜いてしまう時が訪れます。まず、高校球児が自分よりも年下になります。そして、アイドルがいつの間にか自分よりずっと年下になります。なにで気付くかは人それぞれでしょうが、私は最近TVで妻夫木聡さんを見ていて、自分の所から明らかに下の世代に青春が移っていた事を実感しました、今さら当り前なんですけど。  ◆社会人になり結婚して、大した事でもないのですが、TVドラマとかそういうの、ここ何年もパックリ空いていたんだなぁと思いました。自分の好きな物と過ごす時間と世の中の動き、スピードがまったく違っている事を、久し振りによく高校野球を見たり、「ウォーターボーイズ」とか「スイングガールズ」とか妻夫木聡さんとか見ながら、ぼんやり思ったものでした。  ◆そしてレミオロメン、まぁ知らないんですが、単身地方に赴任していきなりの会社の180度経営方針転換、営業として有得ない商談をし続けるという、短くも暑いとても印象深かった今年の夏に一番聴いたCDでした。  ◆歌詞が最初全然耳に入って来なかったり、5月の発売なのに⑩「粉雪」が入っているのが気になってつい飛ばして聴いてしまうのは、私が今青春の世代の人じゃないからなのでしょう。それでも、①「スタンドバイミー」、②「1-2LoveForever」、⑨「明日に架かる橋」、元気でとても励まされました。そして⑥「傘クラゲ」はBeatles、Zeppelinを想起させる曲で、小林武史が長年描いてきた音楽が今だ現役である事に、懐かしくも嬉しくありました。                                                   

|

« 山下達郎/CircusTown(1976) | トップページ | MariaMcKee / Peddlin'Dreams (2005) »

日本」カテゴリの記事

2000年代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: remioromen/HORIZON(2006):

« 山下達郎/CircusTown(1976) | トップページ | MariaMcKee / Peddlin'Dreams (2005) »