« BeachBoys/InConcert(1973) | トップページ | JacksonBrowne / RunningOnEmpty (1977) »

2006年5月 2日 (火)

FleetwoodMac/Mirage(1982)

710私の1曲:⑨「HoldMe」 

◆'82年発表、“'75年型Mac”の5作目で5週間全米1位にもなったものの現在に至るまで決して世評の高くない作品ですが、私には非常に愛着のある1枚です。 

◆私がMac、特に“'75年型Mac”を偏愛しているのは、ポップスとしての敷居の低さと飽きさせないバラエティの豊富さにあり、本作程それがLP1枚にスッキリと収まっているモノはありません。本作にはバンド初期の熱(『FleetwoodMac』)とか、情念とか(『Rumours』)、雑然さとか(『Tusk』)はなく、その音はまるで江戸から続く店先で打ち水を蒔くが如し、整然としたプロの仕事ぶりです。収まりきらない物に魅力があるのも事実ですが、幾多の苦難を乗り越え、30年以上も暖簾を守る彼らを思うと、この整然さにも言いようのない愛着を感じます。

◆Christineの心地よいボーカルが弾む、オープニングに絶好な①「LoveInStore」から、軽快なままLindseyの②「Can'tGoBack」、Stevieの③「That'sAlright」と、自然な流れで3ボーカルが紹介されます。以後も、バンドマジックのような④「BookOfLove」、あまりにStevieな⑤「Gypsy」、ボーカルで、ギターとキーボードで、Lindseyとの掛け合いが決まるChristine作⑨「HoldMe」、『Tusk』でのリズム探求の成果が表れた⑪「EyesOfTheWorld」では、後半Lindseyのギターが放たれます。多彩な音楽性をどれもポップに昇華した作品群はどこを切ってもMac印。正しく老舗の味です。

http://www.youtube.com/watch?v=wWdgTraidlU

|

« BeachBoys/InConcert(1973) | トップページ | JacksonBrowne / RunningOnEmpty (1977) »

1980年代」カテゴリの記事

WestCoastRock」カテゴリの記事

●FleetwoodMac」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FleetwoodMac/Mirage(1982):

« BeachBoys/InConcert(1973) | トップページ | JacksonBrowne / RunningOnEmpty (1977) »