« BruceHornsby / HalcyonDays (2004) | トップページ | MariaMuldaur (1973) »

2005年12月19日 (月)

OffCourse/Over(1981)

toct-25644私の1曲:②「愛の中へ」                          ◆昨日は全国的に雪が降りました。私がいた千葉県は雪こそ降らなかったものの1日を通して強風、とんでもない寒さでした。今日、栃木県で雪が舞うのを目撃、私の初雪でした。  ◆初雪が降ったら紹介しようと思っていたのがOffCourse9作目となる本作です。この頃の彼らは膨れ上がる異常人気の中、オリジナルメンバーの片割れ鈴木康博が脱退を決意、小田和正は解散を意識して本作を作りました。それだけに、一聴すると息苦しいまでの緊張感が伝わりEagles『LongRun』にも似た雰囲気がありますが、小田のOffCourseを堂々と華々しく散らせたいという思いが全てのレベルを超えた(『Over』)作品にまで昇華させた傑作です。  ◆流麗なストリングスの①「心はなれて」(イントロ)から音の純度を極限にまで高めて放たれる②「愛の中へ」、5人型時代との決別を歌い間奏のホーンに想い出を忍ばせる④「人として」、小田メロディの結晶⑦「哀しいくらい」、哀しみ・くやしみ・そして嬉しさが一言に集約される永遠の名曲⑧「言葉にできない」。再び⑨「心はなれて]で窓の外の雪と併せて別れの情景が歌われます。  ◆初恋が終わった中1の頃よく⑧を聴いていましたが、想いが遠く過去のものとなっても曲の力はまったく失われません。

|

« BruceHornsby / HalcyonDays (2004) | トップページ | MariaMuldaur (1973) »

1980年代」カテゴリの記事

日本」カテゴリの記事

PowerPop」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: OffCourse/Over(1981):

« BruceHornsby / HalcyonDays (2004) | トップページ | MariaMuldaur (1973) »