« OffCourse/Over(1981) | トップページ | B-52's / CosmicThing (1989) »

2005年12月21日 (水)

MariaMuldaur (1973)

rec_2_18私の1曲:⑤「TheWorkSong」

◆風邪を引いてしまったのか、体が熱い様な寒いような。ここの所忙しく、久しぶりにカレンダー通り休める23日までがんばろうと思ったのですが、そう思ってしまうとそこまでしか耐えられないんですよね。オシッコをトイレまで我慢するのとよく似てます。

◆こんな日は思い入れのないグッドミュージックをさらっと聴いてすぐ寝るに限ります。今日買って初めて聴く本作、あまりに良くてここで取り上げる事にしました。

◆ジャズ、ディキシーランド、ジャグバンド、カントリー、ロックなどを柔軟に取り入れた音楽の事を“グッドタイムミュージック”と呼び、彼女がその代表的存在である事は知っていましたがジャケットからはハスキーな声だと思っていたので、その澄んだチャーミングな歌声は最初の嬉しい驚きでした。

◆さらに、中身の音楽があまりに芳醇なので惹き込まれてしまいました。GramParsonsやEmmylouHarrisは勿論、CaroleKing、荒井由実あたりが好きな人も入りやすいのではないでしょうか?ブランニューへヴィーズもカヴァーしている②「MidnightAtTheOasis」や⑤「TheWorkSong」等粒揃いの楽曲に加え、RyCooder、JimKeltner、NickDeCaro、ClarenceWhite、KlausVoorman、JimGordon等参加アーティストもとてつもなく豪華です。

|

« OffCourse/Over(1981) | トップページ | B-52's / CosmicThing (1989) »

1970~1974年」カテゴリの記事

Roots,南部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MariaMuldaur (1973):

« OffCourse/Over(1981) | トップページ | B-52's / CosmicThing (1989) »