« U2/TheUnforgettableFire(1984) | トップページ | Eagles/LongRun(1979) »

2005年11月19日 (土)

ElvisCostello / Spike (1989)

p849-mid 私の1曲:④「Veronica」

◆コラボレート物を先に紹介して本人単独名義作の紹介が遅れましたが、数あるCostelloの名盤の中、最初はこれを紹介したいと思います。

◆'89年作のワーナー移籍第1弾、当時PaulMcCartneyを再生させたといわれた時期の作品です。当時スランプにあったPaulは、Costelloとの共作によって喝を入れられた事で以後吹っ切れて現在に至っているように思います。この時のPaul&Costello作品は、Paulの『FlowersInTheDirt』には「MyBraveFace」をはじめ4曲、本作には④「Veronica」と⑩「Pads,Paws,AndClaws」が収録されました。本作は他にもRogerMcGuinn、JimKeltner、BenmontTench、ChrissieHynde、DirtyDozenBrassBandなど多彩なアーティストが参加し、L.A.、NewOrleans、Dublin、Londonと広範な4ヶ所でのレコーディングを反映した、実に幅広いCostelloらしい作品となりました。

◆McGuinnのリッケンバッカーが鳴り、Paulがベースを弾く①「...ThisTown...」に始まり、CX『トクだね!』のオープニング曲でお茶の間の主婦にもメロディはお馴染みな④「Veronica」、Chrissieコーラスの⑨「Satellite」、ほかジャグバンド風、ケルトなどなど、何を演ってもCostelloのポップスへの愛情が伝わる、本当に佳曲揃いの傑作です。

|

« U2/TheUnforgettableFire(1984) | トップページ | Eagles/LongRun(1979) »

1980年代」カテゴリの記事

Pop」カテゴリの記事

●ElvisCostello」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ElvisCostello / Spike (1989):

« U2/TheUnforgettableFire(1984) | トップページ | Eagles/LongRun(1979) »