« ElvisCostello / Spike (1989) | トップページ | CreedenceClearwaterRevival / Cosmo'sFactory (1970) »

2005年11月21日 (月)

Eagles/LongRun(1979)

p2824-mid 私の1曲:⑩「SadCafe」                              ◆今聴いても決して名盤とは思えません。頼りない①「LongRun」、洗練を極めて陰鬱な②「ICan'tTellYouWhy」、③「InTheCity」がまあまあで⑩「SadCafe」だけが何にも替え難い名曲です。それなら⑩だけ紹介すればいいのですが、ぜひアルバム単位で紹介させて下さい。  ◆当時の彼らは'76年末発表の前作の爆発的ヒットと評価により、巨大化したバンドを持て余すようになっていました。『HotelCalifornia』以上の作品を作らねばというプレッシャーから難産の末に10曲が完成したのは前作から3年後、全体のトーンは暗く重く、それが、持ち味であった自己批評からではなく、自分達が作り上げた怪物に潰されてしまったが故の息苦しさだったのは、ある意味残酷でした。彼らはツアー後すぐ活動停止、'82年には解散が発表され、'90年代のリユニオンまで長い沈黙に入ります。  ◆そんな作品だからこそ、出会いから辿り着いてしまった今('79年)を歌い、そして出会いの場所での再会を誓う⑩「SadCafe」が最後に置かれているのは、とりわけ感動的です。この曲は、若い頃の野心が実現する代わりに失ったものへの彼らの感傷が詰まっているのですが、それは誰もが重ね合わせられる想いなのです。

|

« ElvisCostello / Spike (1989) | トップページ | CreedenceClearwaterRevival / Cosmo'sFactory (1970) »

WestCoastRock」カテゴリの記事

1975~1979年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Eagles/LongRun(1979):

« ElvisCostello / Spike (1989) | トップページ | CreedenceClearwaterRevival / Cosmo'sFactory (1970) »