« XTC / Nonsuch (1992) | トップページ | DireStraits/BrothersInArms(1985) »

2005年9月15日 (木)

Spitz / Hayabusa (2000)

poch4001私の1曲:①「今」

◆私は月に1回仕事で茨城に行くのですが、R123号をひたすら茨城方面へ、那珂川のキラキラした青と山の緑、空の青と雲の白、そして気温が26℃とくれば気分も乗ってきます。

◆茨城方面でこの気持良さ、こんな時私は本作が聴きたくなります。オリジナル9作目、私は5作目『空の飛び方』からリアルタイムで聴いてきたのですが、『インディゴ地平線』、『フェイクファー』と進む中で次第に彼らのスタイルに飽きというか、限界のような物を感じていました。

◆そんな中、28ヶ月ぶりに登場した本作のハジけっぷりには本当にうれしくなり、これで10年はイケると思ったものでした。実際、その後『三日月ロック』、「スターゲイザー」、『スーベニア』とSpitz王道路線でのリリースが続いていますが、もはや全く揺るぎない自信を感じます。

◆本作リリース直後には、台風による途中終了で今や伝説となった “Rockin'OnJapanFes.2000” に出演、ここでの曲も多数かかりましたが、ロックに照れるメンバー達と3万5千人との間に生まれた一体感、本当に素晴らしいものでした。

http://www.youtube.com/watch?v=9s02wMFxWoI

|

« XTC / Nonsuch (1992) | トップページ | DireStraits/BrothersInArms(1985) »

日本」カテゴリの記事

2000年代」カテゴリの記事

●スピッツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Spitz / Hayabusa (2000):

« XTC / Nonsuch (1992) | トップページ | DireStraits/BrothersInArms(1985) »