« EltonJohn/BlueMoves(1976) | トップページ | NewOrder/Technique(1989) »

2005年9月21日 (水)

JeffBeck/BlowByBlow(1975)

私の1曲:②「She'sAWoman」                                   ◆JeffBeckを聴かず嫌いのRockファンは結構多いと思います。三大ギタリスト唯一のインストだし、“ギター好き”じゃない人には、やはりボーカルが入っていないととっつきにくい感じってあると思います。  ◆JeffBeckも以前は、TheYardbirds、第1期・第2期JeffBeckGroup、Beck,Bogert,Appiceと歴任したバンドでは、ボーカリストと如何に対峙するかが大きなテーマだったと思いますが、発想の転換というか、本作でついにボーカルとコラボレーションする事を止め、ギターインストに辿り着きます。これが結果として大成功。ボーカルをなくした事で得意のギターが際立ち、まるで歌っているかのように自由、ソウルフルに粘ついたかと思うと軽やかに舞ってみたりと全編楽しい演奏が聴けます。  ◆バックのメンバーはMaxMiddleton(key)、PhilChenn(B)、RichardBailey(Dr)。特にベースとの絡みのカッコよさは抜群の相性です。そして本作は、TheBeatlesの一連の作品のプロデュースでも知られるGeorgeMartinがプロデュース。なるほど、聴きやすくてまとまりがいいわけです。

|

« EltonJohn/BlueMoves(1976) | トップページ | NewOrder/Technique(1989) »

1975~1979年」カテゴリの記事

GuitarOriented」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JeffBeck/BlowByBlow(1975):

« EltonJohn/BlueMoves(1976) | トップページ | NewOrder/Technique(1989) »