« Spitz / Hayabusa (2000) | トップページ | 遠藤賢司/満足できるかな(1971) »

2005年9月16日 (金)

DireStraits/BrothersInArms(1985)

DireStraits-brother 私の1曲:②「MoneyForNothing」                     ◆何を隠そう私が初めて買ったCDは、Eurythmics『Revenge』と本作、高1の時でした。その頃DireStraitsを選んでいたなんて不思議な気がします。  ◆CDがまだ発売初期だった当時、欧米ではDireStraitsはCD売上げの高いアーティストで、本作もデジタルレコーディングでした。今聴き返すと、初期の味だったスカスカ感がなく、音場を作り込んで塊で出しているように感じます。  ◆当時③「WalkOfLife」がaiwaのCDラジカセのCM曲に使われていた様にCDラジカセが主流だった中、バラコンを一つずつ買っていた私にはボリューム調節の出来ないCDプレーヤーしか持っていない時期があり、いつもヘッドホンでフルボリュームで聴いていた不便な時期がありました。しかしそのおかげで、全米No.1ヒット②「MoneyForNothing」のギターリフに入るまでの徐々に盛り上がる至福の2分間をフルボリュームで味わう事ができたのです(普通、調節できればフルボリュームでは聴かない)。①「SoFarAway」と③、そしてジャケットの爽快さもあり、秋になると聴きたくなる1枚です。  ◆個人的には当時ファンだった菊池桃子さん主演の、10代の子がお婆さんを演じて街を歩き、高齢生活の不自由さを感じるというドラマに⑤「WhyWorry」が使われていてテーマに深みを与えていたのも懐かしいです。

|

« Spitz / Hayabusa (2000) | トップページ | 遠藤賢司/満足できるかな(1971) »

1980年代」カテゴリの記事

GuitarOriented」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DireStraits/BrothersInArms(1985):

« Spitz / Hayabusa (2000) | トップページ | 遠藤賢司/満足できるかな(1971) »