« GeorgeMichael / ListenWithoutPrejudiceVolumeOne (1990) | トップページ | XTC / Nonsuch (1992) »

2005年9月12日 (月)

Boston / ThirdStage (1986)

third-stage 私の1曲:①「Amanda」     

◆Bostonは、実はRock名盤紹介にはあまり選ばれません。Rock史では最もデビュー作を売ったアーティスト(Whitneyに抜かれるまで)として知られています。しかし、Boston好きにはそんな事はどうでもよく、彼らにとって如何にBostonが特別な存在か、私もよく判っているつもりです。このブログで最初に紹介したのが『Boston』、実は私も真のBoston好きです。

◆Bostonの魅力は、興味あるエピソードが山積みな事と、聴けばすぐBostonと判る個性的なサウンドに尽きます。本作のエピソードといえば、やはり前作から8年ぶりの新作だったという事(以後8年に1枚ペースが定着)、しかもファンを喜ばせたのはそれが単なるブランクではなく、レコーディングをし続けて完成するのに8年かかったという事です。さらにファンを喜ばせたのは、そんなに時間をかけて作ったのに、出てきた音がこれまでと何も変わっていないという事でした。TomScholzによるエレクトリックとアコースティックのギターのアンサンブルとドラミング、そして抜群のコーラス。

◆②「We'reReady」、⑨「Can'tchaSay」/⑩「StillInLove」、⑪「Holyann」他、どの曲も秋空に舞う伸びやかなギターが印象的な佳曲揃いですが、何といっても①「Amanda」、何も変わらない8年ぶりの帰還は熱狂的に迎えられ、アルバムだけでなく、シングルもグループ初の全米No.1ヒットとなりました。

https://www.youtube.com/watch?v=zpp19QS_SEk

|

« GeorgeMichael / ListenWithoutPrejudiceVolumeOne (1990) | トップページ | XTC / Nonsuch (1992) »

1980年代」カテゴリの記事

PowerPop」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Boston / ThirdStage (1986):

« GeorgeMichael / ListenWithoutPrejudiceVolumeOne (1990) | トップページ | XTC / Nonsuch (1992) »