« Eagles / HotelCalifornia (1976) | トップページ | Aerosmith / Pump (1989) »

2005年5月26日 (木)

TheGratefulDead / AmericanBeauty (1970)

WAL_277910私の1曲:⑤「Candyman」     

◆Liveを除いて5作目。前作『Workingman'sDead』に続いて彼らのルーツを表した作品となりました。

◆共に名作として語られる2作ですが、私は圧倒的にコチラが好きです。『Workingman'sDead』はC,S,N&Yに呼応して作った作品と言われていますが、あまりにそれっぽくて、それならC,S,N&Yを聴けばいいだろうと思ってしまうわけです。Deadファンに怒られそうですが。対して、本作は彼らのルーツであるブルーグラス、カントリー、フォーク、ブルース等がよりこなれていてそれでいてロックを強く感じる、Deadならではの音になっています。

◆加えて、本作は職業作家でもないのに全曲いい曲という、およそDeadのイメージからは考えにくい、至福の充実感が味わえます。中でも私が最も好きなのは⑤「Candyman」、おいしいお酒がさらに美味しくなります。

https://www.youtube.com/watch?v=MEFPOqEmxHU

|

« Eagles / HotelCalifornia (1976) | トップページ | Aerosmith / Pump (1989) »

1970~1974年」カテゴリの記事

WestCoastRock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TheGratefulDead / AmericanBeauty (1970):

« Eagles / HotelCalifornia (1976) | トップページ | Aerosmith / Pump (1989) »