カテゴリー「1980年代」の106件の記事

2019年12月24日 (火)

ElvisCostelloAndTheAtractions / GetHappy!! (1980)

Get_happy_album_cover 私の1曲:⑥「Possession」

◆今年から政府が「働き方改革」を進めていて、年に5日間有給休暇を取らなければならなくなりました。普段ほとんど有休を取らないので、今日から有休消化して2019年を終えることになりました。今日もずっと会社PCを開けていたのであまり変わらないのですが。

◆12月は『GetHappy!!』。Costelloの第4作で、全英2位・全米11位は2位/10位の3rdと並ぶチャート上の代表作。20曲もあっての48分は怒涛の48分、キャッチーな本作はもはやベスト盤なのですが、やっぱり後追いでは覚えられない。

①「LoveForTender」→②「Opportunity」の並び、ビートが心地良い。

③「TheImposter」はハイスピードのロック、④「SecondaryModern」は一定のリズムを刻むソウル。

⑤~⑧はCostelloらしさ全開のポップス、⑥「Possession」が本作で真っ先に浮かぶ曲。

⑨「NewAmsterdam」はワルツで、⑩「HighFidelity」はR&Rで毒を吐く。

⑪「I Can'tStandUpForFallingDown」はSam&Daveをアップテンポにカバー。

しっとりと⑮「MotelMaches」、

⑯「HumanTouch」はスカでスカ。

⑱「Temptation」、Tamptationならこのシャウト。

⑲「I StandAccused」は、Costello同様BacharachソングをカバーするMerseybeatsの'65年の曲。

◆大好きな様々な音楽を1枚に吐き出し、その後の作品でも多様な音楽をほぼロックオンリーの私に教えてくれます。

https://www.youtube.com/watch?v=Qm2bcKRbMZI

| | コメント (0)

2019年12月 7日 (土)

ElvisCostelloAndTheAttractions / Blood&Chocolate (1986)

Bloodandcho 私の1曲:B②「BlueChair」

◆11月、父の一周忌があり、担当企業の特売予定が上手くいかず名指しの会議とか、数字がいかず無理な特売の押込みのお願いとか、15年後こんな話何か意味あるんかと思いますが、苦しんでいました。毎週追い込まれてないで気楽に音楽のブログでも書いたら、と思い直して、それでも1週間かかってしまいました。

◆この間どれぐらい聴いたか、本作。良くて、別なのに替って、また戻って来て、その間一切ブログには書かず、もう曲を憶えられないんですよね。十代の頃にむさぼり聴いた洋楽と違って、後追いの音楽は聴いても一枚全部憶えられる事は無くなりました。それでも気に入った曲、

A②「I HopeYou'reHappyNow」、弾むビートポップス。

A④「HomeIsAnywhereYouHangYourHead」、郷愁。

B②「BlueChair」、転調しまくる正調ポップス。

B③「BatteredOldBird」、バラッド。

B④「CrimesOfParis」、ギターのカット8拍の後、これも弾むビートポップス。

B⑤「PoorNapoleon」、ちょっとニューウェイヴな音のマジックフィンガー。

◆Costelloはデビュー10年間で本作まで11作、Attractionsとのコラボもここでいったん終了し、次作『Spike』はメジャーのワーナーと契約しての3年後。区切りの一作はいとしい佳曲が並んでいます。

https://www.youtube.com/watch?v=NBtdDpZVXIg

| | コメント (0)

2018年11月30日 (金)

ElvisCostelloAndTheAttractions / ImperialBedroom (1982)

Elvis_costello__the_attractionsimpe私の1曲:⑤「ManOutOfTime」

◆15日に父が亡くなりました。病状が安定して病棟の上の階、特養に上がった翌日でした。「また戻ってきちゃったね。」なんて看護師さんと話してて1時間半後、急変して特に苦しまず、と聞きました。

◆涙も流さない私。薄情だなと思いますが、父は最期まで病気・半身麻痺を治そうとしていました。本人も死ぬなんて思ってなかったんじゃないかな。プリンに飽き、水羊羹に飽きていたので、私は次の週末のおやつを考えてた、そんな矢先の木曜日でした。自宅介護にもならず、遺族年金も遺す、立派な父親でした。6月に倒れて5ヶ月半、毎週土曜日に見舞いに行っていたので、はじめて父と多く話す時間が持てました。これも父が作ってくれた気がします。

◆Costelloの'82年の7作目、静かな盛り上がりをみせる①「BeyondBelief」。POPな②「TearsBeforeBedtime」、Costello節の③「ShabbyDoll」。ロッカバラードの⑤「ManOutOfLove」は名曲です。

B面も⑨「HumanHands」、⑩「KidAboutIt」、小気味良い⑪「LittleSavage」、流麗にして不思議に展開する⑫「BoyWithA Probrem」、Costelloらしいメロディの⑭「YouLittleFool」とエンディングの美しい⑮「TownCryer」。涙も流さずぼんやりと聴いています。

https://www.youtube.com/watch?v=UAOaTYnWluI

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年11月 8日 (木)

Sting / ...NothingLikeTheSun (1987)

Nothing_like_the_sun_sting_album__c私の1曲:⑤「TheyDanceAlone」

◆Stingは私が“最も期待した”アーティストでした。私が洋楽を聴き始めた1984年は、世紀の傑作『Synchronicity』が出た翌年で、ThePoliceが、Stingが、次に何をするのか世界中が、『Synchronicity』に乗り遅れた私が、注目していました。結論から言うと、私はソロ1st~3rdを買い、今2nd(本作)が残ったということでした。

◆Stingは高尚、Stingは退屈。若過ぎた私にStingの音楽は楽しいものではありませんでした。そんな中で2ndは元気もあり、軽やかさもある。私にとって本作はStingの軽いところを聴いて愉しむ、そんな作品になっています。

◆11/1茨城への出張、車での長旅で①「TheLazarusHeart」のイントロは気分を上げてくれ、②「BeStillMyBeatingHeart」は明るくは無いですがプチプチとした丁寧な作り、③「InglishmanInNewYork」は有名で流麗、気持ち良く流れます。そして④「HistoryWillTeachUsNothing」、“Soonner or later”のリフレインが途中から明るく転調、⑤「TheyDanceAlone」は落ち着いた曲調ながら乾いた明るさを感じつつ流れ、終盤サンバへと移行し、サックスが舞います。

https://www.youtube.com/watch?v=MS_bN5ECJTI

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月20日 (月)

TheCostelloShow / KingOfAmerica (1986)

Elvis_costelloking_of_america_album私の1曲:①「BrilliantMistake」

◆自分の考えを人に正しく伝え切るのはどうしてこんなに難しいのでしょう?やりたい事を伝え同意を得た事が、翌日になってまた最初から同じ話を繰り返している。話は長期戦で一喜一憂する事ではありません。最初からを、何回でも話せばいいんですよね。望みが叶うように、愛情の薄い私が何度でも。続けてやり遂げればそれが愛情なのか、伝わらないからやはり愛情が無いという事なのか、問いかける夏が、夏が終わっても続きます。

◆いつかの実家に向かう車でCostelloを聴いていました。本作のみElvisではなくTheCostelloShow。ここでのCostelloはパンクでなく、親しみやすく切なく寄り添うメロディ。⑨「AmericanWithoutTears」、あまり上手くいかなくてもなぐさめられるような。でもなぐさめられてる場合でなく、本当に大変なのは自分ではなくて。名曲は①「BrilliantMistake」。自分のやってる事、失敗なのかも判らず、良いように、取り越し苦労でいいように、やり続けます。

https://www.youtube.com/watch?v=rfTZl3eRW_g

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 2日 (水)

UNICORN / PANIC ATTACK (1988)

Panic_attack私の1曲:⑤「Finally」

◆ユニコーンというと自由、それは『服部』から。定説ですが、音楽的な充実は『服部』の前の本作から。これも定説かもしれません。

◆1stの向井美音里が脱退し阿部Beeがレコーディングに参加(のちに正式メンバー)、彼抜きの4人のジャケットはビジュアルこそバンドブームを抜けていないものの音楽は1stから大きく抜きん出た姿を見せます。

1「I'mA LOSER」 ♪届ーかない身動きもできない

2「HEY MAN!」 ♪ないないないない そりゃないないないない

3「SUGAR BOY」 ♪暗い並木道 スポットライト照らした 二人きりのステージのように

4「抱けないあの娘」 ♪3分待ってくれ あの娘がいいな この娘もいいな

5「FINALLY」 ♪細い指先が 描いた文字のすきまから

6「シンデレラアカデミー」 EBIの♪シンデレラとランチタイムさ

7「サービス」 ♪頭の奥まで 感じない 感じない

8「ペケペケ」 えび天で使われてた♪女の、子は 嫌いではないのだ

9「SHE SAID」 ♪She said,''so long'' 強がりは 濡れたまつ毛で

10「眠る」 ♪ねむれ ねむれ ねむれ

11「ツイストで目を覚せ」 ♪もちろん頭はズキズキ 眩しすぎるよ でかい窓

◆さわりで分かる全11曲、社用車で出張ならちょっと懐かしいCDが嬉しい、でも今も全編聴ける作品は少ない。コレはそんな心配は無用、商談前、長時間移動、気分が上がります。

https://www.youtube.com/watch?v=UYSqG_a5IdA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月21日 (月)

Journey / Escape (1981)

Journeyescape_2私の1曲:②「StoneInLove」

◆ついにここまで来てしまいました。StevePerryの嫌いな私が、Journeyの嫌いな私が、Journeyの『Escape』を紹介しようとしています。洋楽に目覚めた頃、全盛期のStevePerryのあの長髪黒髪のクドいベッタリとしたビジュアルに全く付いていけず長くJourneyを遠ざけて来たのですが、「AnyWayYouWantIt」を認め、「Faithfully」を認め、いま王道の、ド真ん中の、『Escape』を認めようとしています。

◆Journeyが『RaisedOnRadio』でいったん活動を停止してから30年、その間70年代のリバイバルがあって、今、80年代を笑いながら楽しむ機運が高まってます。その気分にあのクドいStevePerryのJourneyはピタリとハマると思うのです。

◆4作目のStevePerry加入後順調に人気を拡大した彼らが遂に全米No.1に辿り着いたのが本作で、内容はとてもツルンとしています。ソングオリエンテッド、コンパクト。クドいボーカルとバカテクのギターを冗長でなく各曲にパッケージして、聴き易さが極まっています。ポップな①「Don'tStopBelievin'」、ドライブする④「KeepOnRunnin'」と⑥表題曲。③「Who'sCryingNow」、⑤「StillTheyRide]、⑩「OpenArms」のバラードはとにかく聴きやすい。バラードが聴きやすいのは曲が良い証拠でしょう。そして②「StoneInLove」。謳い上げたボーカルと入れ替わるキーボードとギターソロの盛り上がりは飛行船ロック(Zep,ELO,Boston)のこれも理想型。ツルンとしててボーカルもコーラスも演奏も決まってたら、サラリーマンが鼓舞されて当然でしょう。

https://www.youtube.com/watch?v=kFqXFE8OSG4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月19日 (金)

misato ・ ribbon (1988)

Ribbon_3私の1曲:②「恋したっていいじゃない」

◆出張で青森に行きました。早く用事が終わって、まっすぐ帰るのも4時間かかるのですが、蟹田、五所川原に足を延ばしました。台風一過の日差し、蟹田から五所川原への山道、くっきりとした空と雲はまるで夏休みのようでした。最近、遠出の出張は眠気覚ましに歌えるように、CDは半分邦楽にしていました。

◆渡辺美里の『ribbon』、彼女の4作目で、商業的にはピークの一作だったと思います。数々のパワーポップと③「さくらの花の咲くころに」、⑧「ぼくでなくっちゃ」の硬軟のバランスの良さ、曲の力、いつもつぐむ唇、アイドルのようでもいて、でも力でねじ伏せる歌唱力。彼女はヒーローだったのか、当時同世代の人には彼女とともに成長する感覚がありました。『ribbon』のとき私は18歳、渡辺美里は22歳でした。

◆バッキングには収まらない岡村靖幸と渡り合う②「恋したっていいじゃない」は今も楽しく、⑧「彼女の彼」は今も泣けます。⑩「10years」には愕然とします。あの18歳からこの45歳、何も成し遂げず、安定した生活以外に目標もない。『ribbon』は、今の私ではオススメできない、キラキラした作品なのだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 5日 (金)

Inxs / Kick (1987)

Inxs_kick_2仙北→平泉、下道で1曲:③「DevilInside」

◆売上げが悪いです。8月の売上げが悪いとどうなるとか、良くない話が半端でなく行きかいます。今日の竿灯まつり真っ只中の秋田出張も経費削減で日帰りにしました。東北在任中に竿灯見れるかな?もう先のことは分りません。ただ予算行くように一生懸命やって。今、予算行ってるけどいつも一生懸命やってるから、どうすればできるとかできないとか、正直分かりません。担当の運不運とか。それで先を決められるってどうなんだろう?でも、こんな会社に勤めてるんだからしようがありません。

◆日帰りだから朝早く出発して、高速3時間みっちり乗って、午前中には商談も終わりました。帰りはゆっくり帰ります。金曜日だし、夏休みだし、田舎をじっくり走って帰ります。

◆Inxsの『Kick』。少しうるさくてサラリーマンを商談前に鼓舞はしないけれど、金曜日の商談後の長い帰り道、無事に帰るのが何よりの仕事、そんな時はノリノリです。次作の「SuicideBlonde」もカッコいいけれど、『X』でなくて『Best』でなくて、『Kick』が曲順に並んでるのが一番しっくり来ます。①~④の流れといったら、その後も、こんなにカッコいいのって無い。時代が少しズレてたらコレはやり過ぎなのか、やかましいのか。でも'87年の僕は高校生だったから。時代を席捲するInxsは、MichaelHuchenceはカッコ良かった。BobClearmountainの切れ味鋭い音は、やっぱりカッコ良かったと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=hv_zJrO_ptk

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月30日 (木)

EricClapton / AnotherTicket (1981)

Ericclaptonanotherticket201606292この出張の1曲:④「AnoterTicket」

◆愛想よくできないとか、カラオケで何歌うかとか、間違えてるのにちゃんと謝ってもらってないと思って言い方考えて結局満足できなかったり、SNSのテーマに沿ったお昼ごはん探すのに疲れたり。しょうもないことで縛り過ぎて疲れる。きっと好かれたいんだけど、元からそんなこと叶わない。でも野放図に振る舞うことにも賛同しない。

◆そうして、お昼ごはんはSNSと関係ないものを選びました。八戸の八食センター、勢登鮨のカツカレー750円。勢登鮨のポスターにもなってるし。少し縛られてるけど、自分で決めてるから。特売でカツ丼520→470円があったけど無視。そうして出てきたカレーは今どき牛丼屋のカレーでもここまでこだわりのないものは出さないのでは?という1品。ちょっと負けた。でも、ものすごい解放感と達成感。不具合なことをやる、これこそロックだなぁと思います。今どきロック好きでいることも大変だと思います。 カレーは決して不味くなかったです。

◆出張の帰りはEricClaptonの④「AnotherTicket」。丁寧なアルペジオとAORなボーカル。ワンダフルトゥナイトなClapton、⑤はバッドラブなClapton。'70年代から'80年代のClaptonを繋ぐ作品ですが、息子を事故で亡くし、アンプラグドで自身何度目かのピークを飾るずっと前。35年後の今もバリバリ現役です。人生はかくも長いのです。

https://www.youtube.com/watch?v=1pze_96a9iU

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧